イマーシブシアター「Touch the Dark」2回目の通院してきました

去る9/2(土)、イマーシブシアター「Touch the Dark」の2回目に行ってきました。

 

今回はおもに、前回行ったのが初日だったので、如何様に変わってるかな〜ってのを気にしてみました。

初日の段階では客同士のおしゃべりNGというのはなかったのですが、今回は注意事項に付け足されてました。そりゃそうだ。そして、開演前に、グループ分けがあるわけですが、これも変更してた。簡単に言ってしまえば、連れ同士がなるべく同じグループに振り分けられないような工夫がされてました、というわけです。こっちのほうが、全然いいと思います。動線も幾分スムーズになってました。あと、演者が言葉を発する機会が減ったように思います。より静かになったというか。たまに理解できず「?」となっているお客もいましたが。

中身としては、2度行ってみて、かなりの部分はコンプリートできたかな?と思います。初日に行った時は、ほとんど歩いていないフロアがあったので、今回はそのフロアを中心的に。<五感を刺激する>という謳い文句がありますが、「味覚ないじゃん」と思っていたのですが、ありました、味覚。刺激されてきました。ごめんね。

2度目で、流れも把握できていたので、1度目観たときに「あのシーンに入ってきたあのキャラクターはどういうシーンを経てこっちに来たんだろう」っていうのも多少解読できました。

また、自由行動の時、人が流れて行くと、気を取られて、あっちに人がたくさんいるぞ、何だろう、って思って近づいちゃうんですよね。そうなると、当然同じ時間に進行してるほかのシーンはやっぱり見れなくなっちゃう。どっちをとるか、ですが。今回は、あえて人のたくさんいる方向には近寄らずに、なるべく人が少ないところへ、思うがままに演者を追ってみました。すると、ほんともう、自分一人しか追ってないような瞬間とかもかなりたくさんあって。えっ?だれも追いかけないの?ここに演者いますよ!みたいな。閉じた空間の中で演者と二人きりになったりとかもあって、そういう時間がほんとゾクゾクして好きだなぁと思いました。

2回行き、場面はコンプリートできたように思えたものの、たぶんまだいろんなものを見逃している気がします。気づいてないこともたぶんたくさんあるのでしょう。こうやって考えれば考えるほどに、何度も遊びに行きたくなっちゃうのがイマーシブシアターの沼ですね。あー楽しい。超手放しで言いますけど、もっと増えればいいのになと思います。

 

さぁ、公演期間が終わったら、詳しいことも書いてみたいな〜なんて思っていたのですが、さっそく再演が発表されましたね。素晴らしいっすね。みなさん行ってください。10月です。

イマーシブシアター「Touch the Dark」を体験してきました

イマーシブシアター「Touch the Dark」に遊びに行ってきました。

8/25(金)18時の初回公演に行ってまいりましたのでその感想を。内容にはあんまり触れませんがうっかりネタバレしてるかもしれないのでご注意を。

 

「Touch the Dark」は、とある病院の中でおこなわれます。チケットを購入するまで、具体的な場所は内緒。建物の中を歩き回りながら、ストーリーや謎を追っていく仕立てになっています。

主催の DAZZLEはダンスカンパニーなだけあって、見終わった後は「ちゃんと、ダンスの公演を見た」というような充実感がありました。

イマーシブシアターではありますが、あくまで主軸は「ダンス」。ダンスを軸にして、ストーリーや謎解きの要素が紐づいているような印象です。ストーリーライン上にダンスがあるのではなく、同時多発的に起こるダンスを元にした場面のピースを、観客自らが集めて整理して、理解するような舞台でした。

客が勝手に考える、補完させる、というと難易度が高いように思えるけど、とくに公演の前半部分においては、役者に誘導されて行動しました。おそらく観客全員に平等に、見ることができるシーンが振り分けられているし、理解できるように誘導される。役者に従っているうちに、アウトラインがはっきりとしてきます。ストーリーのおおまかな中身を把握して、なんとなくこんな物語か、と理解するのはそれほど難しいことではないように思いました。細かいディティールや、エピソードを集めるのは、公演中の自由行動タイムにかかっていると思います。これを集めるのが、このイマーシブシアターの醍醐味なんでしょうね。ラストシーンもみな平等に見られます。

そして、チケット代金を多く支払った「プレミアムチケット」のお客さんだけが、シーンの理解とは関係のない、ちょっとだけ特別な思いをできるという、とても平等を感じる舞台でした。どこを見た見てない、おなじチケット料金なのにあの人は見れて私は見れなくて、ってことがない。きわめて平等だと思いました。

あとね、フォトブースがあります。ここなら写真撮っていいですよ、って箇所に、公演中案内してもらえます。呟きたいこの時代に、公演内容を害することなく、呟きたい・インスタしたい欲を程よく発散させてくれるこの制度。ある意味日本人らしいというか、やっぱりここも平等で。不思議なセンスだなと思ったけど嫌いではないです。

スリープノーモア以外のイマーシブを見るのはは初めてで、もちろん日本で見るのも初めてで、どんなものかなぁ(しかも初回公演、、、)と思っていたのですが、ああこういう見せ方もあるのか、と。たぶんいろんなやりかたができるんだと思います。イマーシブシアターって。

 

ここからはスリープノーモアと比較したような文章が多くなって恐縮なんですが、いくつか思ったことを書き留めておきます。

まず、客の存在。客は建物のあちこちでおきる事柄を追いながら傍観するわけですが、我々はどういう立場なのか、わからなかった。明確な設定はないような。患者?ですかね。強いていうのならば。だから、どう振る舞ったらいいのかわからなくて、浮遊していました。スリープノーモアとことなって、役者からこちらが「見えて」いる場面が多かったし、客同士で会話してもお咎めとかはないので、けっこうみなさん普通に会話していました。スリープノーモアだと、自分は役者には基本見えていないという設定を自分に課しながら行動するので、より演じている自分にも陶酔するような感覚があります。

客の動線。と、それに伴う時間の管理。難しいところだと思いました。役者はバラバラに散らばるシーンをきちんと繋げて客に見せるために、時間通りに移動すると同時に、客も誘導しなくちゃならない。シビアですよね。誘導されて客が移動するってことも多いんですが、かなりゆっくり気ままに移動されるお客もいたので、こっちが逆にハラハラしてしまいました。うまく誘導しきれていないようなこともあったり。難しいですよね。いかにスムーズに動かして、自分たちの段取りをこなすか。でもここは多分回数かな。

あと、スリープノーモアと比べると、自由に歩き回る時間も短いし、そもそも公演時間自体が短いです。もともと部屋の数はそこまで多くないので、制限時間内に建物の全容を把握することはまったく難しくはないんですが、そんなに疲れるショーじゃなかったです。スリープノーモアは終わった後クッタクタになっちゃうんですが。気持ちのいい集中力と浮遊感のまま終われるのはいいです。

 

もっとイマーシブシアターなるものを日本でたくさんやってくれたらいなぁ、遊びに行きたいなぁと思った次第です。あす9/2にもう一度だけ遊びに行ってきます。前回と違う行動を取るつもりなので、楽しみです。

2017年GW・旅の記録③

<3日目>

起きたら雨。

この日、見ようと思っていたのはオフブロードウェイの「The View Upstaris」という作品だったのですが、前日、BoMを観る前にこんなメールが届いていました。

f:id:reonex:20170806105341j:plain

公演キャンセルのお知らせ。アンダーでプリンシパルキャストを補填できないらしく。うーん、残念。

そんなわけで、何を見るべきか悩んでいたんです。

ツイッターにそのことを呟いたら、フォロワーさんが「Hello, Dolly!にしましょう」とすすめてくださって、どうやら立ち見券(SRO)が出るらしいとのこと。朝10時に劇場のボックスオフィスが開くよ、ということで、それに並んでみました。

写真がなく、文章だけになってしまうのでわかりづらいかと思うのですが、9:40頃に劇場(Shubert Theatre)に到着すると、すでに雨&金曜日の朝なのに20人ほどの列。逆にわかりやすくてありがたかったですが*1、んー、難しいかなという人数で。ないならないで、tktsに落ちてるのを何か選べばいいや、と思っていました。

10時になって販売スタートし、案の定何人か前でSROは売り切れてしまったようなのですが、列がバラされることはなく。私の順番が来て、カウンターに進んで、スタンディングルームはまだあるのか聞いて見ると、係のおっちゃんいわく「立ち見はないけど、見切れの席でいいなら$59であるよ」とのこと!わーい!おっちゃんありがとう!!その場で代金を支払って、レシートを受け取り、18時以降にチケットを取りに来るよう言われました。

Hello, DollyはGavin Creelが出るということですごく気になっていて、でもチケットがないし、あまりにも高過ぎて諦めていたところだったので、並んでみてよかったです。

 

そのあとは、雨だし、とくにすることもなく、行きたいコーヒーショップ(ラルフの2階)はクローズしてるし、お土産でも買いますか、ということで電車に乗ってStrandへ。

Strand Book Store: New, Used, Rare and Out-of-Print Books

洋書は読まないし読めないので、 お土産用のポスターやらブックマークやら、トートバッグを購入。土砂降りだったけど、店員のおじさんが親切で、ポスターにはビニールの袋をグルグル巻いて渡してくれました。ありがとうおじさん。

この後はホテルに戻って少し眠り、雨が止んできたのでトライベッカのほうまで歩いてみることに。弟に頼まれていたSurpremeのキャップや、お土産用の紅茶とかを買って、またホテルに戻り(戻りすぎ)、そしてそして!

f:id:reonex:20170505185336j:plain

Hello, Dolly!きました!見れないと思ってたから嬉しかった!カウンターでチケットを引き換えていざ入場。東洋人の女性ひとりっていうのは珍しいのか、カウンターのおっちゃんが覚えててくれた。ありがとね。

入場時、中で買ったもの以外は飲み物食べ物NGと言われてしまい、さっき飲み物買ったばかりだった私は少々涙目でしたが(笑)座席はこんな感じ。

f:id:reonex:20170505195450j:plain

3階最後列!こんなに遠い席は遠征してて初めてかもしれない!とはいえ帝劇の2階とあんまり変わらないかも。ちゃんと見たい人はオペラグラス必須ですね。パーシャルビューだったので、銀鏡はぜんぜん見えませんでした。みんな前のめってた。でもステージはちゃんと見えますよ。

ちなみにこの席、もともと劇場に常設されてる席ではないらしく、案内板には表記がありませんでした。とはいえブロードウェイの劇場は案内係がいるので特に迷うこともなく着席。

横はフルで座っていたけど、前の席はけっこうガラガラ。チケット高いからですかね?多分一列前だと私の買ったチケットの倍くらいの値段するんでしょうなと思いつつ。

1幕の終わりにだれも来なかったら移動していいよ〜とのアナウンスがあり、周りはみんな移動してました。私は最後列も好きだし、終演後ダッシュする必要があったので誰もいなくなった横一列を優雅に一人で占領しておりました。快適。

内容ですが、たぶんこれは、ストーリーの出来栄えとかを楽しむもんじゃなくて、ザッツブロードウェイミュージカル的な華やかさとベットミドラーを楽しむもんなんですよね。映画を観たことがなかったし観劇のリストにも入れてなかったので、開演前にウィキであらすじをツルーっと読んだだけ。笑いどころも多かったのできちんと理解できたほうがいい箇所も多かったんですが、それでも楽しめた。

何が楽しかったって、ほんと、スケールです。理屈じゃないんですよ、物理的な体験として、本当に楽しかった。なんにも知らない頃に、頭の中でイメージしていた「ブロードウェイ・ミュージカル」みたいなものが具現化されたような舞台で、ほんと、はじめてのニューヨークでしょっぱなにコレ見れてたら死ぬほど感動するだろうなと。タイトルソングではそんな初心というか原体験に思いを馳せて、いいなぁ、っておもってちょっと泣けました。

セットもすばらしい。あれだけの大きな動きがあるセットは久々に観たかもしれないくらいに。ただ、 規模が大きいだけにエラーも発生しやすいのでしょうか?私の観に行った回では2曲めでセットがきちんと動かず、マネージャー(かな?)がステージ上に出てきて5分くらい中断しました。今となってはレアな思い出ですが、役者やスタッフが怪我しないかだけが心配。

お目当のGavin Creelは前に見たのが昨年のShe Loves MeでのKodalyだったので、おひげがなくなって髪の毛もトゥルン!として新鮮(笑)。ぶっちぎりの安定感でした。何より歌がうまいもんなぁ、そりゃもうぶっちぎりで。トニー賞受賞おめでとう。コーネリアスのキャラクターとしてはギャビンの実年齢より若い感じかな?コーネリアス&相方のバーナビーでいたずら少年二人組っぽいところがかわいかった。ダンスの場面、最初は踊れないって設定だと思うんだけど、多分本人は踊れるほうの人間なので、踊れちゃってたけど、よかったです。ただ脇役で歌的な見せ場はあんまりないかな?でもPut on Your Sunday Clothesはシーンとしても楽しいし好きで、音源もよく聴いてます。

Bette Midlerはさすがの大物女優で、もう出てきただけで割れんばかりの拍手。とくに銀橋を使ったショーナンバーなんかは、彼女が右へ左へするだけで大盛り上がりなのでした。彼女のために作られた舞台なんだ、ってことを身を以て体感しました。だってタイトルについちゃってるもんねBette Midlerって。タイトルより先だもんね。

たぶんここでどうこう述べるよりも見に行ってもらったほうが早いと思います。壮絶なる劇場体験でした。

 

さて!演目終わって、すぐ地下鉄にダッシュ。23th St駅で降りてまたダッシュ。ニューヨーク旅行恒例のSleep No Moreに向かいます。

SNMのレポは別記事に細かく書きました。ネタバレだし、一回も見てない方にとっては本当なんのこっちゃわからないメモです。

copc.hatenablog.jp

WOWOWの事前番組でV6の坂本くんが行っていたけど、Sleep No Moreはチェルシー地区にあるホテル(倉庫?)を改装した建物で行われる、体験型の演劇です。さいきん覚えた言葉ですが「イマーシブシアター」というらしい。

そういったたぐいの作品について、ニューヨークでは「Sleep No More」が有名だけど、あとは「Then She Fell」(ブルックリンで開催。アリスがモチーフで、SNMよりもっと密接でクローズな空間らしい。) なんかも有名。TSFを主催しているThird Rail Projectsなんかは、こういった「イマーシブシアター」をなんども公演しているらしく、タイミングが合えば行って見たいなあ、とか。あとは今年の7月までだったけど、SNMのプロデューサーがやっていた「Seeing You」という作品も第二次世界大戦が主題だったりして、ちょっと興味深かったり(結局行けなかったけど、、、)。

日本ではこの夏(2017年夏)、DAZZLEというダンスカンパニーがイマーシブシアターをやるので、ちょっくら遊びに行ってきます。

脇道に逸れました。そんなわけでSNMを遊び尽くし、今回のニューヨーク旅行でのすべての観劇が終了。タクシー拾ってつるっと帰り、速攻で寝ました。

 

<4日目>

もう写真もないのでサクッと行きます。

この日は晴れ。14stまで歩いて、ホールフーズとトレジョでおみやげを買って、あとホテルにあって気に入ったボディーローションをC.O.Bigelowで購入。

ちょっと早めにEWRまで。EWR、免税店とかは多くないと思いますが、出国エリアにあるタッチパネル付きのレストランが楽しくて、つい使ってしまいました。席について、パネルで注文して、テーブルにあるスキャナにクレジットカードをしゅっとして、そしたら料理がくるという。テクノロジー世界に生きてますね!食べ物も安くはないんですが英語いらずだし電源はあるし、空港に早く付きすぎてしまった時にいいかもですね。

帰りはシカゴ乗り継ぎでした。心配してた乗り継ぎも、オヘア空港のまっすぐな通路を見た瞬間に不安な気持ちが吹っ飛びましたね。楽勝でした。今回はターミナル移動はなかったので、降りてつぎのゲートまで歩いただけでした。シカゴまではUnited、シカゴからは全日空全日空はやっぱり安心感がありますね〜!CAもびっくりするほど日本人だらけ。

そんなわけで無事帰国しましたとさ。おしまいです。

 

今回の旅行は、たくさんショーを見たわけじゃなかったんですが、なによりBoMで会いたいキャストに全員会えたのが嬉しくて。そして見られないと思っていたHello, Dolly!も見れたのがとても嬉しかった。自分としてはすごく充実したな…と感じられたいい旅でした。次はいつ行けるだろう。何見れるだろう。楽しみです。

以上で記録を終わります。

*1:以前She Loves Meの当日券(General Rush)を買いに行った時、どこで売ってるかわからずブロックの周りをぐるぐるしてしまったことが笑

上海でSleep No More観てきた。

*9/18加筆・修正しました

NY旅行の記事の途中ですが、7/16 & 17 & 18の三連休を使って、ひとりで上海に遊びに行って来たのでその報告を。

旅の主目的は「Sleep No More」上海公演を見ること!それだけです!

以下、航空券の&ホテル手配から、公演チケットの手配、市内の移動など諸々のことを書き残してみます。筆者ステータスは注釈*1に載せてみました。 

私が個人的に戸惑ったのがチケットの手配と、当日どのように動けばいいか、です。このへんはあまりネットに情報がないかな〜と思ったので、詳しく書きます。

 

書いたこと一覧

 

Sleep No Moreを上海で観る

チケットの手配

SNMを観たい、と思ってから、チケット手配にあたってはおもにtumblrで「How to see SNM Shanghai」といった感じでガイドを書いている人がいて、その情報を元にチケットをとりました。

自力でゲットする方法としては

・PunchdrunkのKeyholderになり、優先予約で予約する

・一般予約でSleep No More 上海のウェブサイトから予約する

とかがあると思います。

私はPunchdrunkのKeyholderになり、優先予約しました。SNM主催者の支援者になるということです。簡単に言うと、ファンクラブみたいなもので、年会費を払うと、チケットの優先予約やニュースレターが届きますよ〜、ってこと。支払額のランクに応じて受けられるサービスは異なります。ちなみにこの支援金は、子供達の教育プログラムの資金に当てられるみたいです。

方法としてはPunchdrunkのウェブにアクセス→Support usのページに進み、4つのランクの中から、自分が受けたいサービスや支払いたい金額をもとに選んで、支払います。支払い方法はペイパルです。

一般発売の少し前に、Punchdrunkからのニュースレターが届いて、優先予約の開始を知らされました。指定されたメールアドレスに、観たい日付と枚数を送ります。英語です。でも本当に簡単な英語で送りました。ググりながら。送ったその日のうちにメールの返信がありました。この時は特に問題なかったですが、枚数に制限がかかってとれない場合もあるみたいです。

メールを送ると、いついつまでに上海のチームから支払いの連絡するね〜、とのことだったのですが、なかなか来ず、何度かコンタクトを取って、最初のメールから3週間後くらいにペイパルから支払いの要請が来ました。

支払いが完了すると、コンファームのメールが届きます。このメールを持参して会場に行けばオッケー!

 

なお私が予約したのは7/16の15時、19時、7/17の15時の回です。ドル建てでの支払いで、それぞれ$95、$111、$95でした。少し値上がりしたみたいです。また、この優先予約ではいわゆるVIPチケット(優先入場&ワンドリンク)のみ予約となります。金額面重視であれば、一般販売でレギュラーチケットを購入した方が安いかもしれません。

 

レギュラーチケットは、一般販売日に、公式サイト(中国語&英語)から予約です。販売日のお知らせはいつも急です。中国と日本の時差は1時間なので、日本で予約する時は記載の日時プラス1時間(3pmと書いてあったら日本では4pm)であることをお忘れなく。

チケ発情報は上海公式のメルマガに登録しておくか*2、面倒でなければ、微信(中国版LINEとでも言ったらいいのでしょうか、、)をご自身のスマホorPC等にダウンロードしておくこともオススメします。SNM上海の公式アカウントを購読しておくと便利です。中国ではLINEやGmailが使用できない(VPNがないと)ので、現地で同行者と連絡を取るときにも便利と思います。

チケットの予約には会員登録が必須になります。事前に登録ページから「用户登录/new customer」→上からメールアドレス、認証コード*3、パスワードを入力して登録します。

発売日時になると、チケット予約ページにカレンダーが出現するので、行きたい日付を選んで、枚数を選んで、支払い方法*4を選んで、ゴーです。

券種は2種類。早く入場できて、ワンドリンクつきのFast Passと、それ以外のレギュラーチケットです。レギュラーチケットは、入場時間別に分かれていますが、あまり関係ないように感じます。どうなんだろ。

 

公演当日

最寄りは地下鉄2号、12号、13号が乗り合わせている「南京西路」です。駅からは3分くらい。空港からは2号線で一本になります。伊勢丹の近くです。

地下鉄の出口がわかりやすいので、baiduの地図も載せておきます。「麦金依酒店」の吹き出しがついているあたりが会場です。

f:id:reonex:20170806155045j:plain

 

公演開始の1時間〜40分くらい前には外に列ができています。レギュラーチケットの人はそこに並びます。

列の途中で、ロッカーがあります。ここに貴重品以外のものを預けます。開いているロッカーはちょっとわかりにくいです。お好みの番号を入力して、右下の#でロックです。預けたボックスの番号は忘れないように!

 

その列とは別に、横入りできるような入り口ができていると思います。こちらがFast Passと、VIPチケットの入り口です。

手前に係員がいるのでメールを見せます。私が行った時は英語のメールを見せたときは理解できていないような顔をされたんですが、すぐにわかるスタッフが来ました。係員はその回のVIPチケット所有者のリストをもっていて、名前を確認されました。Fast Passの場合はチケットを見せます。

建物入ってすぐのカウンターでメールを見せて/あるいはレファレンスナンバーを見せて、チケットを受け取ります。複数枚あるときは封筒でまとめて渡されます。

カウンターから見て左側に進むと、コートチェックがあります。FPとVIPのチケットを持っている人は、すべての荷物をここで預けます。携帯とかは持っていても大丈夫です。ちなみにNYCと違って、無料です。

さらに列に沿って進むと、チケットをもぎられます。そのあと、黒いポシェットのようなものを渡されます。公演中は、これに携帯を入れてロックをかけます。バーの中までは使えるのでご安心を。エレベーターに乗る前に係員がロックをかけます。あとは誘導されるがまま、進んでください。

あとはNYと同じかな。入り口で渡されるトランプの数字を元に、入場の整理が行われます。バーのステージでトークする男性or女性はすべて中国語で話します。分からない場合はニュアンスと周りの雰囲気を汲み取って、自分の入場時間までお待ちください笑。

f:id:reonex:20170715185505j:plain

ちなみにトイレは、バーの入り口から突き当たり正面まで進んで右側にあります。男女兼用。和式もありました。

雰囲気としては女性多めかな?開演前のバーのザワザワのキーが高いです。男性同士のグループみたいなものはなくて、男性はだいたいアベックの片割れです。たまに1人で来てる男性とかもいます。女子はだいたいグループ。

公演時間はだいたい3時間。終演後はバーにたまるもよし帰るもよし。出口のところで携帯を入れていたポシェットのロックを解除します。コートチェックでも解除できたかと。めちゃくちゃ混むので、ケツカッチンの方はご注意を。

なお、上海は終電も早いので、夜の公演に参加する場合&地下鉄でホテルまで戻る場合はお気をつけください…。

 

 

以下は、上海に行くまで&行ってからの基本的なメモになります。

 

 

上海での移動と滞在

航空券

チケットの手配と同時進行くらいで、予約を始めました。

今回は安さを重視&荷物も多くないのでPeachにしました。公式サイトから予約。価格変動がありますが、ひと月前くらいの予約で約3.2万円でした。時期によりますがPeachなら2.5〜4万、高くて6万くらいかと。

この辺は人の好き好きだと思います。安いのがよければPeach春秋航空上海航空、JetstarなどLCCの深夜便。中国系の東方や国際、日系の全日空日本航空なら多分4〜6万くらいで便もたくさんあります。

航空券の比較はskyscannerがまとめて検索できるのでよく使ってます。ホテルと一緒に予約したければトラベルコやExpediaもいいと思います。

アレンジがめんどければ旅行代理店に丸投げが楽。

 

ホテル

こちらもお好みだとおもいます。やはりひとり旅だと料金は割高です。2名1室なら6000円くらいでまあまあいいホテルに泊まれるんじゃなかろうか。

かなり高かったですが思い切って「The Drama」に泊まりました。SNM会場の真横にあるホテルで、モチーフもシェイクスピアです(しかし、Punchdrunkは一切関係ありません!)。1泊2万くらい。

マチソワ間が1時間しかないので、終演後建物から出て1分以内に部屋まで戻れたのが嬉しかった。ちょっと横になれました。部屋は広いし、雰囲気も良かったです。写真参照。

f:id:reonex:20170715115214j:plain

Booking.comなどで予約の場合、中国語で予約内容を表示できたりするので、その画面をプリントして持っていくとスムーズと思います。

 

移動

空港から市内

空港から市内へは、地下鉄とリニア、タクシーなどがあります。今回は地下鉄&リニアを使いました。上海ナビさんがわかりやすいですので、詳しいことは割愛。

www.shanghainavi.com

上海に到着したのが朝5時前で、リニアはまだ走っていませんでした。地下鉄のICカードが欲しかったのですが、リニアの服務中心もしまっていたし、地下鉄のカウンターでも買えなくて、自動券売機で中国系クレカを使えば買えました。が、持ってないので、大人しく一回券を買いました。一回券も IC式です。自販機で買えます。英語も対応してます。

始発は5時過ぎかな?自販機はめちゃくちゃ混み合っていました。波が過ぎると、スムーズに買えます。

f:id:reonex:20170715061136j:plain

 

市内の移動

すべて地下鉄を使いました。タクシーやバスもあるかと思いますが、乗ってないので割愛。

どこだか忘れちゃいましたが、大きい駅の有人案内所で交通カードを買いました。英語で対応してもらえました。100元チャージしましたが、めちゃくちゃ余りました。リニアにもこれで乗れます。残高にだけ気をつければ、なにも考えずに乗れるので便利。

f:id:reonex:20170715090245j:plain

地下鉄の入り口では荷物検査がありますが、小さい荷物であればあまりX線は通しませんでした。必要な時はジェスチャーで教えてくれるので特に困ったこともなく。

 

市内から空港

帰りは、リニアも走っている時間だったので、2号線でLongyang Road駅まで行って、そのあとリニアに乗りました。交通カードを使えば40元。

最速時速は420kmだそうですが、私の乗った時間帯はこの速度は出ないそうで。300km/hで運転してました。駅から空港までは7分くらいで着きました。途中、上海ディズニーも見えました。

 

両替

空港&現地で両替しました。

羽田空港の両替所(みずほ)では、100元単位でしか両替ができず、それ以上に細かいお金はありませんでした。なので、現地到着したら崩す必要があるかもしれません。ここで300元分を両替しました。

現地では銀行(そこらじゅうにある)で両替できます。到着日は土曜日だったので、どこも銀行がしまっていて、両替できる銀行を探すのに苦労しました。クレジットカードの海外キャッシングができる設定にしている方は、ATMならどこでもあいているので、土日でも大丈夫かと。

到着日は銀行という銀行を渡り歩いて、結局、外難の中国銀行(本店かな?)で日本円から両替してもらいました。1万円分。日本円のおつりはないようで、見たこともないようなちっちゃいお金が出て来ました。どこで使うんや。募金できないですかね。

 

長い記事になってしまった!はじめての上海、楽しかったです。

近いし、また11月の連休で行きたいな〜なんて思っていたんですが、なんと、軽い気持ちでチャレンジした一般販売で9月のチケットが取れてしまい(笑)、また行くことになりました。隔月〜。

*1:20代・女性・英語圏(NY,ロンドン)以外の海外ひとり旅は初めて・中国語レベルは「你好」「謝謝」「再見」のみ・英語レベルは中学生・ガイドブックは購入しない。SNM自体はNYで3回見ています

*2:迷惑メールに振り分けられることもあるので注意

*3:メールアドレスを記入したあと「获取验证码」ボタンを押すとそのアドレス宛に認証コードが届きます。60分以内有効

*4:中国のクレジットまたはペイパル

2017年GW・旅の記録②

<2日目>

時差ボケ?なのか、ド早朝に目覚め、そのままベットでごろごろ。

6時半くらいになって、シャワーを浴びて、準備して、そのままチェックアウト。8時くらいだったかな。チェックインした時と、その日の夜は静かだったけど、この時は出たり入ったりする人で賑やか。チェックアウトするとき、でっかいわんわん(ラブラドールだったと思う)がいたので、撫で回してから外へ。

 

次のホテルに、荷物を置きに向かいます。メトロに乗って、Greenwich Villageへ。

朝のラッシュと重なっちゃって、荷物持ってるのが申し訳なかった。車内でのポジショニング、慣れません。

次のホテルはここ、The Marlton Hotel

www.booking.com

いや〜、いいお値段するホテルでした。お部屋はこんな感じ。

f:id:reonex:20170504152027j:plain

フレンチな感じのオシャレなホテル。部屋はご覧の通り狭い!けど、ロビーや客室の作りがヴィンテージですてきです。ここに2泊します。

荷物を置きに行った時はまだ部屋は空いてなかったので、フロントに預けてお出かけ。ブルックリンへ!天気が良くて気持ちいい!人も少ない!

f:id:reonex:20170504120341j:plain

ずっと行ってみたかったWythe Hotelにも!やっぱりここに泊まってみたかったよ〜!

f:id:reonex:20170504095949j:plain

 

中に入って、Raynardというレストランにも。この佇まいと大きな窓がすごくオシャレ!

f:id:reonex:20170504100134j:plain

窓際の席を案内してもらいました。

ブランチ。ハンバーガー食べました。美味だったよ。サラダはちょっとしょっぱかったけど…。コーヒー飲んで、まったりしました。幸せでし…。スタッフもすごく気さくで、愛想もいいし(だいじ)、また行きたいなぁ。

f:id:reonex:20170504101537j:plain

 

気になっていたコーヒーショップ「Devocion」にも。倉庫みたいなところ。中に焙煎室もあって、席もボタニカルな感じで、太陽が降り注いでいい感じ〜。

f:id:reonex:20170504113417j:plain

f:id:reonex:20170504114300j:plain

 

中は混んでいたので、公園でまったりラテを飲みました。至福。

f:id:reonex:20170504115012j:plain

味はふつうだった。

 

こんな感じで、古着屋巡り(結局何も買わなかったけど)して、15時くらいまでぶらぶらして、マンハッタンに戻りました。トレジョで食べ物類買って、お昼寝して、この日は!

The Book of Mormon!(※5ヶ月ぶり6度目)

f:id:reonex:20170504185120j:plain

現在、主演のElder PriceをやっているNicが好きなんですが、年末に遠征した時は一足先にバケーションに入っていて会えず。今年の2月でBWに戻って丸1年だったので、いなくなっちゃうかも〜!なんて思ってたんですが、まだいた(笑)

今回は、オリジナルキャストでアンサンブル、ウエストエンドでNicとコンビを組んでいたBrianもブロードウェイにElder Cunninghamとして戻ってきて、Nic&Brian&Stephen(Elder McKinley)というWE'15シーズンの3人組がBWに揃い踏み!嬉しい!

いつものごとくギリギリで会場入り。入り口入ってすぐ左の香盤表チェックをチラ見したんですが、あれ?プレイビルもらって席(4列目見切れ$111.95・チケットマスターで予約)ついて、あれ?

f:id:reonex:20170504185755j:plain

そして開幕。

f:id:reonex:20170504185816j:plain

\ドゥルルン…パーーーーパパパパッパッパーーー!パパパパッパーパパパーーー!/

みんないる!!!!!!!!!

まさかのSwingなしフルキャストでした。わーい! 内容は何回も見てるんで知ってるしもうアレなんですけど、なによりNic、Brian、Stephenの2015年ロンドン組を見れたのが嬉しかった〜!KimナバとBrianカニングハムのバプタイズミーは悪ふざけが過ぎてたし、エルダーだとWスティーブンのコンビネーションがなんとなく好き。Nicは久々だったけど、ちょっと歌いかた変わったかな?ビブラート控えめになってました。

 

終演後はSDにも馳せ参じ、ニック、スティーブン、ベンL、マージャさん、デリック、ベスタス、クリスライス(出てないのに笑)、ブライアンに会えました。ハーディとバッドは出て来たけどするっと抜けられてしまった。でもあえて本当に良かった。年末に悔しい思いをしているぶん、感無量でした。

f:id:reonex:20170806104732j:plain

SDではちょっと寒かったけど22時くらいまで待っていました。平日ということもあって人も少なく、最後は私ともうひとり女性だけの2人になってしまい。アジア系だったので話しかけてみたら、やはり日本人で。しばらくお話ししながら一緒に待ってました。BoMは初めて来た、とおっしゃってたんですが、ものすごく楽しまれたようでよかった。誰目線だよ、って思われると思うんですが、日本人の方が観て喜んでくれるのすごく嬉しい。おつきあいいただいてありがとうございました。

 

そのあとはインペリアルシアター横のグレコメ広告や、

f:id:reonex:20170504223926j:plain

日本のシアターゴアにお馴染みラミン出演のアナスタシアのSDの人だかりを横目に、

f:id:reonex:20170504224252j:plain

サクッとホテルまで帰りました。

 

これにて2日目終了です。

2017年GW・NY旅行の記録①

GWはニューヨークに行ってました〜。

 

<1日目>

今回はNRTからスタート。

成田からだと、なんとなく、旅だ!って感じでテンション上がるけど、 遠い〜

f:id:reonex:20170503131105j:plain空港ではご飯食べて本買って、17時くらいのUAに搭乗。EWRまでの直行便です。

 

おいしくなさそうなUA機内食たち。このチープさ。すぐお腹痛くなっちゃうので、このくらいでホント、十分っす。

f:id:reonex:20170503060910j:plain

f:id:reonex:20170503061602j:plainf:id:reonex:20170503105506j:plain

f:id:reonex:20170503150741j:plain

45分程早くEWRに到着。 イミグレは列が長くて30分くらいかかりました。何日いるの?くらい聞かれて手早くスルー。

出口のところでNJトランジットのPenn Stationまでの往復切符購入$26(片道だと$14)。

EWRからの移動で個人的に鬼門なのがめちゃくちゃ狭いエアトレイン。ほかのターミナルから乗ってくるひとでいっぱいのなか、無理やり1人か2人乗り込むスタイル。なかなか乗り込めず、20分くらい待ったかもしれない。

NJトランジットに乗っちゃえば、あとはPenn駅まですぐ。

f:id:reonex:20170503173741j:plain

ジャージーの郊外っぽい風景を見つつ、Penn駅到着、そして本日の宿まで向かいます。

 

1泊目はこちらのChelsea Cabins。1泊8000円程。

www.booking.com

場所がわからずウロウロしてたら、入り口にいたおじさんに話しかけられ、探してる?ここだよ、と。セブンイレブンの2件左隣、赤いドアが入り口で、ちょっときつめの階段を上がった先。

チェックインの時は、若い女の子が担当してくれた。部屋のこと、Wifiのことと、共有のお風呂やトイレなど一通り説明を受けました。なんだろう、年も近そうだったからか、アメリカにホームステイしたときのこと思い出す。そっけない感じじゃなくて、丁寧に教えてくれました。

部屋はこちら!狭い!※すでにちらかっている

f:id:reonex:20170702171639j:plain

まあ、寝るだけなんでいいです。スーツケースはデカイと広げられないと思う。私はベットの上であけました。

ベットの上は棚みたいになってたので、そこに色々ものを置いたり。電源から枕元までちょっと遠かったので、私のような一日中スマホいじってる部族の人間にはちょっとだけ不便かも。

個室ではあるんですが天井が繋がってるので、物音はする。しかも翌朝、隣の部屋の住人が電話かけててちょっとうるさかった。

 

さて、荷物を置いて、メトロに乗って、Christopher St駅へ。$30くらいチャージしたかな。

夕方のGreenwich Villageの雰囲気を楽しみつつ、Barrow Street Theatreへ。一発目はこれ。

Sweeney Todd!

f:id:reonex:20170503191547j:plain

公式サイトから予約。$75.50、2階の最後列。会場でチケットを引き換えました。

劇場をパイショップ仕様にして、役者が歩き回りながら歌う、というので、体験型によわい私としては押さえておきたかった作品。

席からの眺めはこんな感じ。ちょい見切れ。

f:id:reonex:20170503191928j:plain

1Fの席とかは、開演前にミートパイが食べられる「パイ付きチケット」なるものがありました。ただし、ちょっと早く来ないといけないので注意。

Sweeney Toddという演目自体、見るのははじめて。内容は予習してたけど、歌詞はついていけないところも多かったな。

劇場は狭いだけあって、臨場感がすごい。大きな劇場で感じるスペクタクルみたいなのも大好きなんだけど、こういうのも面白いな。オケも3人だけだし、みんな生歌。日本のミュージカルファンにもおなじみ・ノームさんの歌声にばっちりと包まれてまいりました。

客いじりもあったり、役者がテーブルの上を歩いたり、前半はコメディタッチで和気藹々、なんだけど、後半はもうみんな、食い入るように見てて。なんか演目じゃなくて客ばっかり見てる(?)。

見世物でも非日常でもなく日常の延長線上にある感じがよかったなぁ。体験として面白かったです。

 

そんなこんなで22時過ぎに終演。宿に戻りました。

真っ暗だったんですが、レセプションでは宿のマネージャーらしき人と、ご友人らしき人が話をしていました。シャワーは23時以降NGらしいので、入りたかったけどパス。

これにて1日目終了です。

ちょっと2017年トニー賞の予想させて

 日本時間明日朝に控えたトニー賞の授賞式を前に、勝手に予想したい。プレイは見てないので、ミュージカル部門だけ!

 

Best Musical:

“Come From Away”

“Dear Evan Hansen”

“Groundhog Day The Musical”

“Natasha, Pierre & The Great Comet of 1812

 -DEHに一票入れたい。とはいえCFAとGHDは見てないんですが。対抗馬はCFAと思ってます。グレコメ、私は好きだし楽しいと思ったけど、だったらDEHのが断然いいな。

 

Best Book of a Musical:

“Come From Away” — Irene Sankoff and David Hein

“Dear Evan Hansen” — Steven Levenson

“Groundhog Day The Musical” — Danny Rubin

“Natasha, Pierre & The Great Comet of 1812” — Dave Malloy

 -DEH。

 

Best Original Score:

“Come From Away” — Music & Lyrics: Irene Sankoff and David Hein

“Dear Evan Hansen” — Music & Lyrics: Benj Pasek & Justin Paul

“Groundhog Day The Musical” — Music & Lyrics: Tim Minchin

“Natasha, Pierre & The Great Comet of 1812” — Music & Lyrics: Dave Malloy 

-悩みどころ。楽曲の持つパワーとしてはDEH。

 

Best Revival of a Musical:

Falsettos

“Hello, Dolly!”

“Miss Saigon”

-Falsettosにとってほしいという気持ちはあるんだけど、多分 Hello, Dollyでしょう。あれだけのものを見せられたらもうそれはしょうがない。サイゴンはあんまり話題になってないな。

 

Best Performance by an Actor in a Leading Role in a Musical:

Christian Borle, “Falsettos

Josh Groban, “Natasha, Pierre & The Great Comet of 1812”

Andy Karl, “Groundhog Day The Musical”

David Hyde Pierce, “Hello, Dolly!”

Ben Platt, “Dear Evan Hansen” 

-ここもアツい。クリスチャンボールもかなりよかった、いい仕事してたけど、Benも他にこの繊細な演技をできる人がいるのか?ってくらいアツい芝居で。歳も同じなんでここはBenに獲ってほしいです。

 

Best Performance by an Actress in a Leading Role in a Musical:

Denee Benton, “Natasha, Pierre & The Great Comet of 1812”

Christine Ebersole, “War Paint”

Patti LuPone, “War Paint”

Bette Midler, “Hello, Dolly!”

Eva Noblezada, “Miss Saigon”

-これってBette Midler以外の選択肢あんの?

 

Best Performance by an Actor in a Featured Role in a Musical:

Gavin Creel, “Hello, Dolly!”

Mike Faist, “Dear Evan Hansen”

Andrew Rannells, “Falsettos

Lucas Steele, “Natasha, Pierre & The Great Comet of 1812”

Brandon Uranowitz, “Falsettos

-悩ましい。ここだけは全員見てます。でも全員、あと一歩賞を取るパンチが…。存在感で言えばLucas、歌ならGavin、好きで言えばMike、キャラで言えばBrandon、獲ってほしいのはAndrewですが、うーん、客からの愛され度合いでLucasかな〜。

 

Best Performance by an Actress in a Featured Role in a Musical:

Kate Baldwin, “Hello, Dolly!”

Stephanie J. Block, “Falsettos

Jenn Colella, “Come From Away”

Rachel Bay Jones, “Dear Evan Hansen”

Mary Beth Peil, “Anastasia” 

-Stephanie J. Block女史。アレを見たら彼女しかいない。キャスレコ聴いたらJenn Colella女史のソロもよかったんだけど、見てないからな〜。

 

Best Scenic Design of a Musical:

Rob Howell, “Groundhog Day The Musical”

David Korins, “War Paint”

Mimi Lien, “Natasha, Pierre & The Great Comet of 1812”

Santo Loquasto, “Hello, Dolly!” 

-Hello,Dollyも金かかっててよかったけど好きなんでグレコメにしてあげてください。

 

Best Costume Design of a Musical:

Linda Cho, “Anastasia”

Santo Loquasto, “Hello, Dolly!”

Paloma Young, “Natasha, Pierre & The Great Comet of 1812”

Catherine Zuber, “War Paint” 

-グレコメ。が、War Paintも主題が主題だけあって捨てがたい。

 

Best Lighting Design of a Musical:

Howell Binkley, “Come From Away”

Natasha Katz, “Hello, Dolly!”

Bradley King, “Natasha, Pierre & The Great Comet of 1812”

Japhy Weideman, “Dear Evan Hansen”

-グレコメ。舞台の上だけじゃなく空間としてのライティングがよかった。

 

Best Direction of a Musical:

Christopher Ashley, “Come From Away”

Rachel Chavkin, “Natasha, Pierre & The Great Comet of 1812”

Michael Greif, “Dear Evan Hansen”

Matthew Warchus, “Groundhog Day The Musical”

Jerry Zaks, “Hello, Dolly!”

-Directionの評価基準がよくわからん。パスします。

 

Best Choreography:

Andy Blankenbuehler, “Bandstand”

Peter Darling and Ellen Kane, “Groundhog Day The Musical”

Kelly Devine, “Come From Away”

Denis Jones, “Holiday Inn, The New Irving Berlin Musical”

Sam Pinkleton, “Natasha, Pierre & The Great Comet of 1812”

-Bandstand。っていうかHoliday Innが入ってるの今知りました。確かに。

 

Best Orchestrations:

Bill Elliott and Greg Anthony Rassen, “Bandstand”

Larry Hochman, “Hello, Dolly!”

Alex Lacamoire, “Dear Evan Hansen”

Dave Malloy, “Natasha, Pierre & The Great Comet of 1812”

-グレコメかな。

 

グレコメは大好きなんだけど、そこまでミュージカル作品として評価されるべきなのか?!ってところがあって。もちろん衣装やセットやオケとか、ハードの総合力はいいんですが、役者がほんとピンボケしていて。役者がピンと来ないと曲も全体の流れも霞むし、何より長いんですよ後半。

逆にDEHはストーリーと役者が、というかBen Plattがよくて、そこで引っ張っていってる感じ。もちろん楽曲もよかったけど。Ben以外は歌というより演技で魅せてた感じかな。でも、多分それでいいんだと思う。セットとかは普通、あのビジョンは面白いけども。

そんな感じでした。見てない作品があるので偏り出てますが、そんなこんなも含め、トニー賞楽しみだなあっていう呑気な記事でした。