2月上海遠征⑤ 上海DL-Band

さて、ミッキーアベニューに戻ってみると、何やら向こうからブラスバンドが。Shanghai Disneyland Bandってやつですね〜!ついて行ってみます。

f:id:reonex:20180211145139j:plain
f:id:reonex:20180211145210j:plain
通りを歩いて、ウォルト前の広場まで

f:id:reonex:20180211145229j:plain

お城をバックに演奏が始まりました

そこにミッキーが登場!通常衣装です。一気に周りに人も増えました(笑)。

f:id:reonex:20180211145654j:plain
f:id:reonex:20180211145740j:plain
バンドに参加します

そしてミッキーが指揮。最前を取れていたので夢中で写真撮ってました。

f:id:reonex:20180211150144j:plain
f:id:reonex:20180211150044j:plain
かっこよいですね

f:id:reonex:20180211145920j:plain

「やめて」の図

ほんとに近くて、ミッキーもすぐそこまで来てくれました。

f:id:reonex:20180211150331j:plain

近すぎて上手く撮れてない

ミッキー好きの方にはたまらんショーですね〜楽しかった〜!

f:id:reonex:20180211150552j:plain

バイバイ〜〜!昼過ぎだったから上手側はちょい逆光でした

さて、SHDLBandが終わって、そのままミッキーアベニューでいろんなキャラとグリーティング。そのあと、ミートミッキー(15分待ちくらいでした)して、名残惜しくもディズニーランドをあとにしました。

私自身はディズニーオタクでもなんでもなくて、東京のディズニーランドも年1回いったら多い方くらいの人間です。

今回の遠征はSNMがメインで、たまたまこの日が夜公演だけで時間があって、グーフィー春節衣装を見てから、可愛い!会いたい!と思って、チケットを取り。ほんとにうっかり隙間時間に遊びに行っただけなんですが、こんなにキャラクターに会えるとは、って感じでした。

f:id:reonex:20180211155305j:plain

行けてよかったなぁ

さて一度ホテルまで戻ります。

2月上海遠征④ パレード / キャッスルショー

昼食を済ませて、Tomorrowlandへ移動。Mickey's Storybook Express(パレード)の場所取りです。

パレード開始の20分前くらいでしたが、当然ながら?ガラガラだったので何も問題なく最前をキープ。なんとなくですがアウト側にしました。

地面に座って待ってましたが、とくに後ろに列ができる気配もなく、周りも立ってて逆に見辛かったので立ちに切り替えました。

f:id:reonex:20180211130741j:plain

f:id:reonex:20180211130638j:plain

f:id:reonex:20180211130705j:plain

前半がとにかくめちゃくちゃ豪華

途中ストップなしのパレード。前半が豪華すぎてなんとも言えない。インorアウトで見れるキャラクターが違うみたいですね。

後半はプリンセスがメイン。最後の方で、プーさん組やズートピア組などのキャラクターが出て来ました。

f:id:reonex:20180211131211j:plain

ラプンツェルとフリンです(割ときれいに撮れたので画像大きくしました)

近くに日本の方がいてフリンー!と叫んでました。私も叫びました。わかる。ローカルの人はあんまりキャラクターの名前呼ばない感じします。

たぶん、前過ぎた後にトイストーリーランド側からダッシュで移動すれば反対側でもう一回先頭に会えそうな気がします。

別にそのつもりはなかったんですが、庭突っ切って行ったら後列のムーランとかプーさんとかには会えました。

 

パレードをみたところで概ねやりたいことは終わり。園内をウロウロしていると、お城の前に人だかりが。

タイムガイドを見ると、プリンセスのキャッスルショーがあるとのことだったので、待ってみました。

遠くて、しかも逆光のポジションだったのであんまり上手に撮れなかった!

f:id:reonex:20180211141928j:plain

代わる代わるいろんなプリンセスが出てきます

f:id:reonex:20180211142245j:plain

カリブの海賊より濡れた

プリンセス勢揃い!って感じでとてもすてきでしたよ。

さて、お城の前を後にして、のこりのグリーティングをしにミッキーアベニューまで戻ります。

2月上海遠征③ トロン / 太極拳アトモス / Swing

さて、太鼓イベントが終わってアトラクションのトロンに乗りに行きます。

パークを反時計回りに進んで、「明日世界」ことトゥモローランドへ。

f:id:reonex:20180211101114j:plain

街灯も春節仕様の飾り付け

FPをアプリから取ってから行きました。アプリとチケットが紐付けされているので、チケットを提示すればどんどん進めるみたいです。5分くらいであっという間に乗り場まで着きました。

f:id:reonex:20180211092343j:plain
f:id:reonex:20180211092314j:plain
バイクで疾走〜!

アトラクションの入り口にもロッカーがありますが、ここまで荷物を持って来ちゃった人は簡易的なカゴのなかに荷物を預けられます。このアトラクションの近くに行けばわかると思いますが、マフラーなんかも当然、吹っ飛んじゃうので預けなくてはなりません。

感想は…前傾姿勢がけっこう辛かった!!!そしてすごいGがかかりました!絶叫好きな人であれば絶対的にオススメですが、苦手だと失神レベルのキツイ絶叫マシンです。あぶないんで苦手な人はマジでやめたほうがいい。

その後、グリーティングの場所に戻ろうとしたところ、観たかったドナルド&チデの太極拳が始まっていたので急いで輪の中へ。

f:id:reonex:20180211104301j:plain

f:id:reonex:20180211104259j:plain

「にーはお!」「にーはお!」(ループ)

せりふは中国語なのでよくわかんなかったんですが、兎に角カワイイ。

f:id:reonex:20180211105006j:plain

決めポーズ!

アトモスがおわったあとは、ふたたびミッキーアベニューで上海スウィングへ。

こちらも立ち見&平地のショーなので、最前じゃないと見辛いかと。

f:id:reonex:20180211110721j:plain

f:id:reonex:20180211110501j:plain

主役はプルート&グーフィ!

f:id:reonex:20180211110633j:plain

かわいい

f:id:reonex:20180211110823j:plain

混ぜてください

スウィングのあとは、各方面からやたらとおすすめされたカリブの海賊へ向かいます!

f:id:reonex:20180211112148j:plain

f:id:reonex:20180211112751j:plain

Treasure Cove(宝藏湾)というエリア

シングルライダーだったので、めちゃくちゃ空いてました。待ち時間は0。列を歩いて行った先がすでに乗り場でした。

中の写真は撮ってないのですが、噂に聞いて居た通りの素晴らしいクオリティ!プロジェクションマッピング?というのか、船が沈んでいくときの装置が素晴らしかったです…!オススメです。

 

朝から何も食べてなくてかなりお腹が空いていたので、ちょっと早いけど隣のお店でランチにしました。

f:id:reonex:20180211120850j:plain

まるまる鶏肉が乗ってるご飯

80元くらいだっただろうか。ちょっと高い。

味は美味しかったです。日本米ももちろん好きなんですけど、インド料理とかが好きなんでパラパラしたライスも結構…いやかなり好きです。

ただコーンはかなりベトベトで食べられませんでした。 

 

さて、昼食を済ませたので、パレードの場所取りに向かいます。

2月上海遠征② 春節の上海ディズニーでグーフィとグリ / 太鼓イベント

上海2日目は朝6時に起床。まだ外は真っ暗。

きょうは上海ディズニーに向かいます。チケットの手配や当日の行動云々はこちらのサイトを参考にさせてもらいました!

tdrnavi.jp

 

7:30くらいにはゲートに到着したい。6:39の電車に乗ればよいみたいです。

f:id:reonex:20180219090539j:plain

 

乗り換えアプリはこれを使いました。便利。

乗換案内 上海

乗換案内 上海

  • MetroMan
  • ナビゲーション
  • 無料

 

ホテルを出て駅へと向かい、6:39発の2号線に乗ります。广兰路ゆき。

6:54に龙阳路(マグレブへの乗換駅でもありますね)に着き、16号線に乗り換え。

意外とホームまで遠くて、乗るはずだった7:00の滴水湖ゆきには乗れず。次のに乗りました。

f:id:reonex:20180211070223j:plain

ボックスシート。赤い座席です。

ここから2駅で罗山路駅です。

f:id:reonex:20180211071541j:plain

11号線に乗り換え。

迪士尼(ディズニー)行きに乗ります。11号線と16号線のホームはわりとすぐ近くでした。

11号線の車内では、オバチャンたちが大きい袋に大量に入った公式じゃないであろうディズニーグッズを売りあるいてますww商魂逞しいな!

華麗にスルーして3駅、あっという間にディズニー駅に到着です!7:30くらいだったかな。 

f:id:reonex:20180211072839j:plain

ミッキー&ミニーのシルエットのオブジェがお出迎え

 駅を出たら左に直進して荷物検査の列へ 向かいました。この日は春節の連休前の日曜日ということで振替出勤日。混み具合どうかな〜と思っていたんですが、後から調べたらまあまあ空いてる日だったようです。

7:45位に荷物検査のゲートがオープン。人だかりは多く見えましたが、列も多いので意外とサクサク。7:50頃には入場待機列に入りました。

8:00に入場ゲートがオープン。ゲートではチケット購入時に入力したパスポートを提示し、それをゲートのお姉さんが端末に入力。チケットがもらえました。

春節仕様の赤いチケット!柄はミニーちゃんでした。カワイイ!「恭喜」おめでとうの「喜(xi)」の文字が。

f:id:reonex:20180224101050j:plain

ほかのチケットにはちがう字が入ってるのかな?

8:10には中に入れていたと思います。とりあえずタイムガイドをゲット。

f:id:reonex:20180224101251j:plain

中国語版しかなかった

f:id:reonex:20180211091951j:plain

ミッキータウンを進むと、赤と黄色の春節の飾りが!

まずはグーフィのグリーティング場所をチェックしましたが、まだ居らず。

8:45からはじまる春節の太鼓セレモニーが見たかったので、とりあえずロープの前まで行ってみましたが、ガラ空きで、最前に一眼を持った日本人の方がチラホラ。

待ってはみたもののまだ時間もあり、ほかの人が並び始めるようすもなかったのでどうするかな〜と思っていたのですが、後ろを振り返るとグーフィのグリーティングが始まっている!ダッシュ

f:id:reonex:20180224090212j:plain

「恭喜(ごんしー)」のポーズ。

やっと会えたねグーフィ!!!!

カバンにグーフィのぬいぐるみ(TDL25周年の時のやつ)を着けてたら、キャストのひとが気がついてくれて「この子君のぬいぐるみ付けてるよ〜」ってな感じでグーフィにパスしてくれました。するとこのハグである。ひゃ〜〜。

f:id:reonex:20180224090256j:plain

キャストさんが撮ってくれていた

その後もポーズを変えて何枚か写真を撮ってもらい、長い間ここにいた気がします。ありがたい〜。 メチャクチャ嬉しそうだったのか、フォトパスのカメラマンには50枚くらい撮られてました。ウケる。

終わった後はカメラマンからフォトパスのカードを受け取ります。

f:id:reonex:20180224101211j:plain

フォトパス。最初にもらったこれを他のフォトポイントどこでも使える。

アプリと紐付けして、あとから写真を購入できるんですね〜。すごい制度だ!

グリが終わった後は、出口のところにいるキャストさんにウィッシングカードとコインをもらいました。裏にお願い事を書いて、パーク内に吊るせるところがあります。

f:id:reonex:20180224103645j:plain

いろんな絵柄があるみたい

さて、名残惜しくもグーフィとバイバイして、太鼓の前へ。

すでに8:30位だったかと思いますが、最前がまだ空いていたので大人気なくもキープ。待ち時間寒かった〜。この時間を使ってアプリでトロンのファストパスをゲットしました。

8:45には太鼓のショーが始まりました!ウォルトの像の前。お城をバックにしたロケーションです。

f:id:reonex:20180211094732j:plain

f:id:reonex:20180211095056j:plain

f:id:reonex:20180211095422j:plain

春節の衣装が可愛い!

まずはピンクの衣装が眩しいおねいさんたちのパフォーマンスから、ミッキー&ミニーが登場、そして最後にプルートが現れて、みんなで太鼓のパフォーマンス。

f:id:reonex:20180211095343j:plain

太鼓をたたくミッキー。

ちょっとシュールだけど、春節っぽい(?)華やかなショーでした!1日1回しかないみたいなので、見れてよかった。

ファストパスを取っていたので、次はトロンに向かいます。明日世界(トゥモローランド)へGO!

2月上海遠征① 「马戏之王」を観る/ Sleep No More観劇

2/10〜12の3連休を使って、上海Sleep No More遠征しました。

中国は西暦よりも旧正月のお祝いの方がメインで、今年は2/16が元旦。

その前後である2月中は大変飛行機代も高騰していて、正直かなり痛い出費になりましたが行ってきました(なぜならチケットがそこにあるので)。

 

飛行機は今回、東方航空を選びました。

行きの便は東方航空&上海航空コードシェア。2/9金曜の仕事終わりに空港へ直行、1:55発便に乗り、上海には4:40頃に到着しました。飛行機内はほとんど中国人。日本人はまったくいなかったのではなかろうか。

ついたのは浦東空港のターミナル1です。

f:id:reonex:20180210045315j:plain
f:id:reonex:20180210045612j:plain
人が少ない。外も真っ暗です。

5時過ぎには制限エリアを出ましたが、荷物受け取りがあるでもなく、いつものごとくですが始発までも時間が長く大変暇なので、ターミナル2まで移動して24H営業のバーガーキングで時間を潰します。

f:id:reonex:20180210072410j:plain
f:id:reonex:20180210050950j:plain
ターミナル2の到着ロビーの片隅に佇むバーガーキング

フィッシュバーガーのセットを頼み、しばし時間つぶし。ソファタイプの座席が多いので同じように溶けてる人がたくさんいました。

iPhoneのネットの設定とか、あとは時間つぶしにこの前twitterで見かけた「国際言語学オリンピック」なるものの過去問をプリントして行っていたので、それをずっと解いてました。いかに暇かおわかりいただけるでしょう。

8:30頃、ようやくバーガーキングを出ることを決意(笑)。地下鉄2号線でどんぶらこと今回の宿のある南京東路へ。交通カードには50元チャージし、残高が100元になりました。これで十分遊べます。

 

1時間ほどで到着。今回の宿は「フィッシュイン イーストナンジンロード」にしました。

www.tripadvisor.jp

フロントには若い女性スタッフがふたり。英語通じました。まだチェックインができなかったので、荷物だけ預けて、新天地の方へ向かいます。

人民広場まで歩き、1号線に乗って黄陂南路へ。来たかったのはここ。新天地の映画館です。

www.shanghainavi.com

何を見たかったのかというと、こちら。

f:id:reonex:20180224205940j:plain

马戏之王(まーしーじーわん)。そうです、The Greatest Showmanです。

日本では2/16から公開でしたが、中国では一足早い2/1の公開。ということで一足早く見て来ました。席はガラ空き。10組もいなかったかとおもいます。

f:id:reonex:20180224101949j:plain

カウンターで買ったチケット

60元。1000円くらいですね。ネットなら安いところで30元くらい・約500円〜で買えます。私は中国クレカも持ってないですしアリペイも開通させていなかったので、現地カウンターでの購入でした。それでも日本に比べたら随分安いのかと。

中国語字幕でしたが、ストーリーも難しくないし、曲がメインなので英語力不足も何も問題なく。

とにかく曲がよくてボロボロ泣いてしまいました(私はレミゼでもオーバーチュアから号泣する女です)。ストーリーは賛否両論あるかと思いますが、かなりサクサク進むなぁという程度の印象しかありません。This is Meもよかったです(泣きました)。

あとエンドロールとともに会場の明かりがついて「帰れ〜〜」モードになるので余韻もクソもなかったです。

さて、映画が終わったのが12時頃。ホテルに戻ってロビーで待っていると、10分くらいで声をかけられてチェックインができました。

agodaから予約。2泊で1万2000円くらいでした。

f:id:reonex:20180210141115j:plain

クイーンスペシャルを予約しました

ほとんど寝るだけだったので、十分な広さでした。ソファもあるし、デスクもあるし。残念ながら?ビューはまったくないのですが。というか、住宅地の中って感じです。荷物整理して、仮眠。14時頃に再出発し、Sleep No Moreの会場であるMcKinnon Hotelへ向かいました。

2号線で南京東路から2駅。南京西路で下車。14時20分くらいには列に入りました。ファストパスでしたが、前には30人くらい並んでいたかな?

f:id:reonex:20180210142356j:plain

久々(約40日ぶり)のSleep No Moreはやっぱり緊張して足が震えます。トランプはハートの2でした。新しいカードになってからは初めての2。

 

エレベーターを1階で降りて、Ballroomのダンスシーンへ。見たいキャストが多いなぁ、と思っていたのですが、後半から現れるMacbethがCarl Harrisonだったので彼をフォローすることにしました。Macbethはフォロワーがとっても多いので1st Loopしか個人的には追えません…。相方であるLady MacbethはCamillaだったのですが、CarlのMacbethは彼女の弟?息子?って印象でした。

2nd LoopはMacduff(John Ross)をフォローしました。Macduffのループはしょうじきそこまでビビっとくるものはないのですが…JohnのMacduffはとにかく嫁(Lady Macduff/この日は陈怡安)に向ける視線があまりにもスウィートです。よき夫でした。

3rd LoopはEd WarnerのBanquoを。Edは個人的にあまりフォローしたことがなかったので、どんなかなぁ、と思っていたんですが素晴らしかった。将軍(原作)らしい、野心を持ったBanquoでした。Banquoのループは大好きなループのひとつ。何度かフォローしていますが、Edのが一番好きだなと感じました。

 

この日も例のごとくダブル(マチソワ)。終演後、即外の列に入ります。入った後は中で友人とも合流し、この日2回目。

2回目の1st LoopはRyan O'NeilのBanquoを追っていたはずなのですが、なぜか全く記憶がありません。

2nd Loopは、Banquoのループを追っている時に見かけて、フォローしようと決めていた高扬のSpeakeasyをフォロー。

彼のSpeakeasyは本当にユニーク!そもそもフォローしようと思ったきっかけも、彼は最近SPの役に入ったことを知っていたのもありましたが、酒場で起こるMacbethのBanquo殺しのときのリアクション、行動が、今まで見たほかのSPとはまったく違ったもので、「これは!」と思ったから。ずっとふざけてる(笑)。予測ができず、楽しいループでした。

そして彼には上海の新しい流れに選んでもらいました。疲れていたので椅子に座って、カウンターでの云々を見ていたのですが「お前来い」と。マジックに参加させられた後、Taxidermist(この日はAkos)とSPに手を引かれ、Gallow Greenを巡ります。この流れは12月から追加されたもので、私もTaxiやSPをフォローする過程で何度か遭遇しているのですが、まさか自分が選ばれるとは。当然他の客もいるので、恥ずかしい。恥ずかしいけど、すごく貴重な体験でした。最終的にはManderley Barにつれていかれるのですが、素晴らしかった。テーブルに着くように促された後、Man in Bar(Louis/张路)に話しかけられて、そこからはもう言えません。ぜひ会場で体験してくださいとしか。ひとこと言えば、中国語をもっと勉強すべきでしたね!!

3rd Loopはそんなこんなで夢見心地のまま、キャストを見るために5Fへ。病院の受付にNurseがいたので近づいたところで、Husband(Dan)とBride(Debby)がなだれ込んで来ます。あれよあれよというまにDanに促されてBrideを抱え、病室へ!例の、4:2ってやつです。初めてだ!内容は言えませんが、面白かった。衝撃でした。

ラストはそのままNurseたちをフォローしておしまいでした。

 

さて、週末の夜には「Mr.Surprise」と称して、終演後にManderley Barでスリープノーモア出演者による歌のパフォーマンスがあります。

この日のパフォーマーはSam!ちょっと遠くからの撮影ですが、下記にシェアしておきます。

曲は「Do Nothing Till You Hear From Me」です。

 

 
22時半頃に外に出ましたが、まだ地下鉄も動いていたのでそのまま電車に乗ってホテルまで帰りました。
 
これで1日目は終了です。長かった〜。お疲れ様でした。

12/30-1/1 年末年始上海遠征の記録②

12月31日。上海滞在2日目です。

この日のショーは19時からなので、午前中いっぱいは暇でした。

まったくのノープランだったため、ゆっくりめに朝食を食べ、昼くらいからは街をふらふら。

霧がすごいので、若干空気汚染も気になるところではありますが、適度な湿度があり、そこまで寒くもなかったので気持ちよかったです。

f:id:reonex:20171231110635j:plain

高層ビルも霞みがかっています。

デパートで会社用のおみやげを買った後は、例のごとく上海図書館駅ちかくの1984 Book Storeへ。

f:id:reonex:20171231132034j:plain

いつものラテ 40元だったかな?高め。

www.tripadvisor.jp

あいかわらず居心地が最高です。すごく静かで、ほんとに好きなカフェです。しばらくのんびり。きのうのショーの感想をメモしたり。

夕方にはホテルに戻り、仮眠してショーへ向かいました。

17:30頃(開演の1時間半前)には会場に到着したのですが、すでに長蛇の列。前には100人くらい並んでいたのではなかろうか…。この日は通常の公演の後に、New Year Eveのパーティがあったのですが、こういうイベントの日は混むんでしょうか…。

 

この日は通常チケットだったので、かなり遅れた入場でした。

いつもは開演の30分くらい前には建物の扉が開き中に入れるのですが、この日は開場も19時ぎりぎり。なぜかというと、ロビーに進んだ時の演出が違ったからなんです。

いつも、会場に入るとチケットをもぎって階段を登り、トランプを受け取ったら暗い通路を抜け、開演までロビーのManderley Barで開演を待ち、Man in Bar&Woman in Barのアナウンスがあってから、自分の持っているトランプの数字にしたがってショーに進むのですが…。

f:id:reonex:20171104185011j:plain

いつものBarはこんな感じ。テーブルがセットされてます。

この日はトランプの配布がなく、いつも通り中へ進むと、テーブルも椅子も片付けられていて、代わりにキャストのConorと婷婷が待っていました。一気に15人くらいが入ってきた感じかな。

スタッフがシャンパンを配ってくれ、その場にいたみんなで乾杯。その後マスクを配られて、ショーの中へ進みました。

今回はレギュラーチケットということもあり、もう完全にショーは始まっていたので、1ループ目は残り少なく、のんびりパトロール。2ループ目はRyanのSpeakeasy、3ループ目はSamのTaxidermistを追っていました。詳しい内容は省略します。

 

終わった後は、ニューイヤーイブパーティ!

本編のショーが22時に終演し、そこから1時間は写真撮影のブースがあるのでそこで数量限定の撮影会があったり、マクベスの部屋でキャスト達によるダンスがありました。自由時間ですね。そのあと、23時から、1Fのボールルームでパーティが開演。

遠いところにいたので(もちろん肉眼でははっきり見えましたが)いい写真はないのですが、いちおうアップしておきます。雰囲気だけ! 

f:id:reonex:20171231230739j:plain
f:id:reonex:20171231232011j:plain
Sing,Sing,Singのダンスパフォーマンス(左)
Peggy Lee - Winter WeatherをうたうSimon(右)
f:id:reonex:20171231234006j:plain
f:id:reonex:20171231235614j:plain
Why Don't you Do Right?Remixのパフォ(左)
みんなで歌ったAuld Lang Syne(右)。キャストは申霓、Garth、Conor

たのしかった〜!とくに女装したOlly、Steven、Carl、Ryan、雪浩が踊るWhy Don't You〜は圧倒的REC率でした(笑)。ラストはGarthの歌うDo Your Thing(Basement Jaxx)とともにカウントダウンが始まり、みんなでお祝いでした。

終演は24時すぎ。本編のショーを見てたお客+パーティから入場のお客がいたので会場はいつになく大混雑で、大変でございました。ホテル近くてよかった〜。みんなタクシーがなかなかつかまらず大変そうでした。

 

さて、帰国したのは次の日の夜中の便なのですが、1/1はとくにすることもなく街をふらふらし、茶をしばき、マッサージに行くも混んでて断られ、特に写真も何も撮ってないので細かい記録は割愛します。

これにて4回目の上海遠征はおしまい。次は2月です(もうとっくに過ぎてしまった…)。

12/30-1/1 年末年始上海遠征の記録①

さて今回は年末年始の上海遠征の記録です。

11月の遠征時、年末年始をどう過ごすのか大変迷っていました。

ニューヨークに行きたい気持ちもあり、でもお休みの数も少なくて、観たい演目も年末年始ということであんまりやっておらず、せっかく土日を挟むのに3本くらいしか見れなさそうで。

悩んだ挙句、先行予約の締め切りも迫っていたので、上海のSNMに行くことにしました。57日ぶりの上海です。

 

12月29日。仕事納めが終わり、そのまま羽田まで直行。そういえばこの時、国際線ターミナルマヂカルラブリーのおふたりを見かけました。ツイッター見たらジャカルタ行くところだったらしい。高校時代すごく好きだったのでやっぱりいると瞬時にわかりますね…。

乗ったのはおなじみPeach。往復で44,700円なり。年末年始ということでPeachにしては比較的高かったですね。

チェックインカウンターにホワイトボードがあり、「出発地に引き返す可能性があります」との掲示がありました。あまり心配はしていなかったのですが、ちょっとだけ不安になりますね。どうやらこの時期の上海は霧が濃いらしく、着陸が難しいらしいのですね。

2:10発。着陸前は機体がかなり揺れましたが、定時より少し早いくらいの4:40くらいに着陸しました。やっぱり遠いターミナルに下されましたが、電車も走っていないので問題なし。荷物のピックアップもないので、入国審査を受けた後はメトロの横のスタバでお茶を買って、地べたで待っていました。Peachはこういう時間がしんどいっすね。

 

6時ごろになると始発が動き始めます。メトロカード(交通卡)のチャージがまだあるので、なにも考えずにこれでピッとして行きました。1本目の電車は大混雑だったので、2本目に乗りました。8時頃には宿のある駅に到着。駅前はまだクリスマスモードでした。

f:id:reonex:20180204192152j:plain

 

今回の宿は、Sleep No Moreの会場であるMckinnon Hotelの最寄駅「南京西路(West Nanjing Load)」にほぼ隣接している「Cachet Boutique Shanghai」にしました。

地下鉄2号線の1番出口を出て右に曲がり、アディダスの角をさらに右。黒い扉の中がフロントです。Agodaで予約して3泊29,000円でした。ちょっと高めかな。

www.agoda.com

8時ごろに到着すると、やはりチェックインはできず。12時に戻って来ればチェックインできる、とのことだったので、荷物だけ預けて街へ行ってみます。

いつも思うのですがこのチェックインまでの時間の使い方がほんとにわかりません。いつもしんどい思いをしています。

今回はなんとなく静安寺のリッツ・カールトンに行ってみることにしました。2号線で静安寺まで乗って、徒歩5分くらい。トイレをお借りしただけなので写真は撮ってません。朝食を食べていなかったので併設のBAKER&SPICEにて朝ごはんにしました。

f:id:reonex:20180204182105j:plain

店員はなまりも強かったですがみんな英語が通じました。お客も欧米系が多数。わたしはアボカドと卵焼きのバーガー?ベーグル?とラテを頼みました。ベーグルの方はとても美味しかった。ラテはふつうでした。合わせて90元くらいだったかな。けっこうしますね。

店内もそこそこ広く、混んでいなかったのでかなりゆっくりさせてもらいました。

 

その後はオープンした静安寺のReelの中をウロウロして、その後南京西路に戻ってZARAへ。セールしていてどれもこれもかなり安かったのですが、荷物になるのでなにも買わず。日本とはまた違った品揃えで面白かったです。

 

12時になったのでホテルにチェックイン。お部屋はこんな感じ。

f:id:reonex:20171230121532j:plain

f:id:reonex:20171230121606j:plain

ブティックホテルだけあってとてもおしゃれ!そして広い!デスクもあり、それとは別にテーブルもあり。ひとりで過ごすには勿体無いほど広かったです。

f:id:reonex:20171230121729j:plain

お風呂もきちんと深めのバスタブ付き。シャワーも別で付いているし、暖房がついててあたたかかった!

f:id:reonex:20171230124427j:plain f:id:reonex:20171230124447j:plain

使わなかったけど、キッチンとキッチン用具&食器もついてました。ケトルも。住めますね。

ちょっとだけ仮眠して、14時には会場へ。いつも通り、40分くらいには中へ。まだハロウィンのときの紐がついてました。今後もこのままなのかな?帰ってきたぞ〜って感じ。

f:id:reonex:20171230144850j:plain

12月の1周年からかな? カードのデザインがオリジナルにかわりました。今までは、ショーの中でも使われている「Bicycle」の青でしたが…。複製防止にもなるし、嬉しいですね。

個人的な話ですが、この回はわたしにとって10回目の上海SNMでした。この回は、Banquo、Taxi、Speakeasyを追いました。ネタバレを含む覚書はこちらのブログに書いています。

終演後は、この日も「ダブル*1」だったので、即夜公演の列へ。

f:id:reonex:20171230144928j:plain

夜公演はBoy Witch、Poter、Taxiがいずれも11〜12月から登場のニューキャストだったので、追ってみました。12月でオリジナルのキャストを含む10人ほどが卒業してしまいました。新しいキャストに出会えて嬉しい一方で、今度追ってみたいなぁ、と考えていた人もいなくなってしまったので、ほんとに演劇ってやつは最高で最低です。

22時に終演。先日から終演後に「Mr.Surprise」と称して週替わりで出演キャストが歌を披露するらしく、ロビー(Manderley)で少しだけ待ちました。この日のパフォーマーはGarthでした。多才だなあGarthは。映像は撮りませんでした。

この日はこれでおしまい。5分くらいでホテルに戻りました。近いといいですね。

ちなみにこの日のウォーキング歩数は24,170歩、距離は15.5kmでした。旅行中はやっぱり歩数が増えるなぁ。この日の食事は空港のスタバラテ、朝食?のベーグルとラテ、夕方にもらったオニギリでした。めんどくて、ほんと食べなくなっちゃうんですよねぇ。

これにて1日目は終了です。

*1:昼夜2公演入ること