読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016夏 はじめてのロンドン遠征メモ⑴

※この記事は以前noteに掲載していた記事を修正加筆したものです。もしもなんかどっかで見た事あっても、同じ人が書いている。

 

出発まで

 会社の役員に嫌味言われながら、8月の半ばに5連休を取りました。

 行き先と日程を決めたのはだいたいひと月前の7月半ば。本当はニューヨークに飛びたい気持ちもあったわけですが、航空券が高いという問題と、Stephen AshfieldがBoMでエルダーマッキンリーをするのは今年がラストじゃないかな、という予想から、初、ロンドン。憧れの地。

 

 先にホテルをおさえることにしました。Booking.comの利用。

 3泊と短いので、折角ならとまあまあのホテルにしてやりました。The Hoxtonです。

thehoxton.com

 まず、Holbornという最高の立地。劇場にも歩いて行ける。そして、泊まる前からワクワクしてしまうオシャホ中のオシャホ。もう、ウェブ見るだけでわかるでしょう。抑えきれないオシャレホテル感やばいでしょ。大好物です。

 料金ですが、今回は前払い。427ポンド、当時レートでだいたい6万くらいですね。高っけぇ。加算は宿泊日以降だったんですが、キャンセル料はガッツリ取られる。ちょっと怖かったけど仕方ないです。

  次に、航空券をおさえます。夏休みということもあり直行便はビックリするほど高かったので、乗り継ぎ便。ちょっと遠回りになりますが、以前も利用したことのあるエミレーツ航空で、ドバイ経由でロンドン入りすることに。

 行きは会社帰りにそのまま空港に向かうため、夜中の羽田発便。帰りは夕方に成田に着の便。ひと月前の予約&夏休みまっただ中の、土日含む4日間ということもあって、14万。高い。アホか!

 

出発前の準備

 旅行保険はネットで2000円くらいのに加入。カードにも付いていますが足りない気がして一応。

 念のため、英国観光庁のサイトで、ロンドンの地下鉄で使えるオイスターカードを注文しましたが、出発までに来なかった…。20ポンド分だったかな?送料込みで4000円くらいした。結局向こうで買っちゃいました。不要。帰国したら届いていて、不要でしたので人に譲りました。

 あとはWifiを借りました。ホテルに居るときはホテルのwifiあるし、地図見るのとちょっと調べものくらいなので、いくつかプランはあったけど3Gで十分だったです。7000円くらい?

 それから出発が平日会社出てからだったので、満員電車に荷物を乗せるのが嫌で、宅配サービスを利用しました。家まで取りに来てもらって、空港カウンターで受け取り。空港にあるカウンターで支払い、2000円くらい。

 

チケットについて

今回の旅行ではミュージカルのチケットはすべて日本で予約していきました。取ったチケットは4枚。すべて演目の公式サイトが利用しているチケットサービスから。ブロードウェイに比べると、全体的に安い印象です。

 またブロードウェイの場合プリントして持ち込む場合が多いようですが、今回は劇場での発券ばかりだったので手元にチケットが残るのも嬉しかったです。

 

 最後にお金ですが、基本的にはカードを使うつもりだったので、まず日本でマネパカードに幾らかチャージ。行きに空港で幾らか現金にしました。マネパカードはマスターカード、いつも使っているカードはビザカードなので、使えないということはほぼないなと。 結果はのちほど書きますが、今回の私の場合、ふだんのビザカードは全く使わなかったです。

 

出発まで

 さて、出発前夜?当日?となる木曜の夜、仕事を終えて羽田に向かいます。

 羽田空港は夜だというのに、たくさんの人で賑わってました。近くて便利なんですが、やっぱ成田のデッカい電光掲示板見ないと、テンションあがんねぇなぁ。

 一先ず荷物を受け取ったら、真っ先にシャワーへ。1030円/30分と割高ですが、シャワーのみと考えればそんなに悪くないです。仕事終わりで汗をかいている&これから長旅ということもあったので、利用しました。

 20時すぎだったかな?10分ほどの待ち時間。ラウンジで待ちました。タオルやシャンプー等は付いていますし、ちゃんと強めの風が出るドライヤーもあるし。職場から歩いて行ける距離に銭湯もあるのですが、比べたらなんだかんだどっこいどっこいじゃないかな。時間があればゆっくり銭湯でお湯につかるのもそれはそれで良かったかも。

 

 シャワー浴びたあとは、夕飯。どこも混んでいましたが、ターミナル4階の「銀座 おぐ羅」にて最後の晩餐をすることにしました。

 贅沢なおでんをいただきました。写真撮り忘れた。調子に乗っていろいろと頼みすぎ、お腹がいっぱいになりすぎたので、もうちょっと大人な食べ方をしたいと思いました。冷やしトマトおでんとか、卵とか。薄味の品のあるお出汁がかかったオイシイおでんでございました。お酒は梅酒にした。いくらだったか忘れました。高かったです。

 

 その後、チェックイン。15分くらい並んだ気がします。グランドスタッフのお姉さんには「イギリスへの女性一人旅は、イミグレが厳しくなってるので気をつけてください。何かいわれたらホテルの住所見せてくださいね。」と念をおされ、ちょっとだけビビる。

 それでもまだ時間があったので、出国エリアに入る前に、羽田の展望ラウンジに行ってみました。羽田の展望デッキは整備されてますね。テーブルにキャンドル?なんか置かれちゃって、カップルだらけでしたが、淋しくないぞ断じて。夜風に当たりながらのんびり。絶妙にエモくなりますので、オススメです。

 f:id:reonex:20170206191033j:plain

 さて出発エリアに入ってからは、中のカフェでラテを注文。400円くらい?特段おいしいわけでもなく。気を紛らわせます。

 ゲートまでは意外と遠く、歩く歩道を乗り継ぎ乗り継ぎ。出発ラウンジのエミレーツのCAさんたち(制服の帽子がかわいいんですよ)を眺めながら、搭乗時間を待ちます。

 出発前篇は、以上になります。続きます。