読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016夏 はじめてのロンドン遠征メモ⑷

 2日目。起きると雨。イギリスの洗礼ですね!

 朝ごはんは、バナナとシリアル入りヨーグルト、ジュース。部屋に置いてある紙袋に、人数と、用意してほしい時間にチェックをつけて外のフックに掛けておけば、届けてくれます。もっとガッツリした朝食が食べたいときは、1Fのカフェが便利。わたしはこれだけで十分でした。 

 写真1枚目のお水は、冷蔵庫に入れてあったもの。冷蔵庫にはお水×2本と牛乳が入っていて、フリーで飲んで大丈夫。毎日新しいものを補充してくれます。有り難い!

f:id:reonex:20170219193531j:plain

f:id:reonex:20170219193601j:plain

 

 この日の観劇はソワレのみ。午前中は時間があるのでお土産を買い求めにピカデリーサーカスまで歩きます〜。

 途中、モンマスストリートにあるモンマスコーヒーで、ラテを買いました。ラテ大好き。わりとロンドンの有名店だと思います。ホテルからも歩いて近くて良かったな〜。中でも飲めますが、そんなに広くはないので、手持ちでお外へ。

f:id:reonex:20170219194002j:plain

 The Londonっぽい、ピカデリーサーカスのカーブ。

f:id:reonex:20170219200113j:plain

 ピカデリーサーカス周辺にはお土産にちょうど良さげなロンドンっぽいお店がいくつか。

 この日は、職場や家族へのお土産として、言わずと知れた紅茶のお店のフォートナム&メイソン、シャンパン入りのチョコが有名なシャルボネや、パッケージのカワイイプレスタに寄ってみました。自分用にはPenhaligon'sで香水を買いました。買ったお土産は最後の記事に書こうと思います。

 

  一度ホテルに荷物を置いて、午後はリバプールストリートへ!

 いくつもの古着屋がお店を構えるブリックレーンは、こういうウォールペイントが有名。いたるところにありました。下の写真は一番気に入った場所。

f:id:reonex:20160819174821j:plain

 壁にちょうちょ貼ってあったりとか(ブレブレ)。とにかく街中にあるので、このアートが目的で来るのも楽しいかも。

f:id:reonex:20160819163445j:plain

 お昼ご飯は、アラジンというインド料理やさんのカレーを。ここまで来てカレーかい、って感じですが、イギリスはインドともつながりがあるわけで。

 辛さはいくつかあったけど、マドラスというものを選んでみました。中辛?マトンのカレーと、ガーリックナン。インド料理屋といえどちゃんとレストランなので、ぼっちにはちょっと居心地わるかった。しかしカレーは美味でございました!

f:id:reonex:20160819154040j:plain

 

 ここで寄ったお店はいくつかあったんですが、割愛します。有名なところだと、BLITZ(ここで安かったスカーフ買いました/£3)、Hunky Dory、Rokitとか。日本人の方も結構見かけました。最終的に落ち着いたのは若手のバイヤーたちがスペースを借りて店を出す、Vintage Market。

f:id:reonex:20160819174159j:plain

 こちらのなかにあった、Hereafter Vintageというお店でシルクのペイズリーシャツを買いました。悩んでいたんですが、お姉さんオススメのやつを1枚。お姉さん、アサヒビール飲みながら対応してくれた。フリーダム。£20。安い!

 すてきなお店は沢山あったんですが、「これ!」っていうヒット品は今回はあんまりなくて、だからあまり買わなかったのですが。でもだからこそ、リベンジしたい、何度も通いたくなってしまう魔力がブリックレーンの古着屋にはありますね。

 

 さて、お買い物あとは電車に乗って、一旦ホテルに戻ります。

 そして、ソワレはGuys and DollsPhoenix Theatreへ。一枚も写真ない。めんちゃい。次の日に撮影したステージドアのまわりの写真載せておきます。すてきな小路。

f:id:reonex:20160820115147j:plain

 こちらは実は日本でも観たことなかったんですが、いちおうストーリーだけおさらい。クラシカルなミュージカルだなという印象を受けました。

 何より、主演のRebel Wilsonの華がもう、ありすぎ。ふくよかな体型もあるのですが、どんな衣装を着ても華やかでファニーだし、出てくるだけでもう、毎回拍手だし、会場も爆笑。ただストーリーは「あー、ミュージカル映画のミュージカルだ」という感じだし、クラシカルすぎて私にとってはちょっと退屈だったです。

 この会場、もうちょっとよく観察すれば良かったなと思うくらい、けっこうクラシックな感じの劇場で、座席にコイン投入式のオペラグラスがついていたりするんですよね。

 それから、ステージドアが路地にあって、ちょっといい感じ。ほんと、小さい路地に、お店の勝手口みたいなステージドアがあるんです。写真はないんですが、次の日の昼間に撮影した付近の写真を貼っておきます。

 

 帰りは、トッテンハムコートガーデン駅方面から帰りました。 そんなわけで2日目終わりです。