上海でSleep No More観てきた。

*9/18加筆・修正しました

NY旅行の記事の途中ですが、7/16 & 17 & 18の三連休を使って、ひとりで上海に遊びに行って来たのでその報告を。

旅の主目的は「Sleep No More」上海公演を見ること!それだけです!

以下、航空券の&ホテル手配から、公演チケットの手配、市内の移動など諸々のことを書き残してみます。筆者ステータスは注釈*1に載せてみました。 

私が個人的に戸惑ったのがチケットの手配と、当日どのように動けばいいか、です。このへんはあまりネットに情報がないかな〜と思ったので、詳しく書きます。

 

書いたこと一覧

 

Sleep No Moreを上海で観る

チケットの手配

SNMを観たい、と思ってから、チケット手配にあたってはおもにtumblrで「How to see SNM Shanghai」といった感じでガイドを書いている人がいて、その情報を元にチケットをとりました。

自力でゲットする方法としては

・PunchdrunkのKeyholderになり、優先予約で予約する

・一般予約でSleep No More 上海のウェブサイトから予約する

とかがあると思います。

私はPunchdrunkのKeyholderになり、優先予約しました。SNM主催者の支援者になるということです。簡単に言うと、ファンクラブみたいなもので、年会費を払うと、チケットの優先予約やニュースレターが届きますよ〜、ってこと。支払額のランクに応じて受けられるサービスは異なります。ちなみにこの支援金は、子供達の教育プログラムの資金に当てられるみたいです。

方法としてはPunchdrunkのウェブにアクセス→Support usのページに進み、4つのランクの中から、自分が受けたいサービスや支払いたい金額をもとに選んで、支払います。支払い方法はペイパルです。

一般発売の少し前に、Punchdrunkからのニュースレターが届いて、優先予約の開始を知らされました。指定されたメールアドレスに、観たい日付と枚数を送ります。英語です。でも本当に簡単な英語で送りました。ググりながら。送ったその日のうちにメールの返信がありました。この時は特に問題なかったですが、枚数に制限がかかってとれない場合もあるみたいです。

メールを送ると、いついつまでに上海のチームから支払いの連絡するね〜、とのことだったのですが、なかなか来ず、何度かコンタクトを取って、最初のメールから3週間後くらいにペイパルから支払いの要請が来ました。

支払いが完了すると、コンファームのメールが届きます。このメールを持参して会場に行けばオッケー!

 

なお私が予約したのは7/16の15時、19時、7/17の15時の回です。ドル建てでの支払いで、それぞれ$95、$111、$95でした。少し値上がりしたみたいです。また、この優先予約ではいわゆるVIPチケット(優先入場&ワンドリンク)のみ予約となります。金額面重視であれば、一般販売でレギュラーチケットを購入した方が安いかもしれません。

 

レギュラーチケットは、一般販売日に、公式サイト(中国語&英語)から予約です。販売日のお知らせはいつも急です。中国と日本の時差は1時間なので、日本で予約する時は記載の日時プラス1時間(3pmと書いてあったら日本では4pm)であることをお忘れなく。

チケ発情報は上海公式のメルマガに登録しておくか*2、面倒でなければ、微信(中国版LINEとでも言ったらいいのでしょうか、、)をご自身のスマホorPC等にダウンロードしておくこともオススメします。SNM上海の公式アカウントを購読しておくと便利です。中国ではLINEやGmailが使用できない(VPNがないと)ので、現地で同行者と連絡を取るときにも便利と思います。

チケットの予約には会員登録が必須になります。事前に登録ページから「用户登录/new customer」→上からメールアドレス、認証コード*3、パスワードを入力して登録します。

発売日時になると、チケット予約ページにカレンダーが出現するので、行きたい日付を選んで、枚数を選んで、支払い方法*4を選んで、ゴーです。

券種は2種類。早く入場できて、ワンドリンクつきのFast Passと、それ以外のレギュラーチケットです。レギュラーチケットは、入場時間別に分かれていますが、あまり関係ないように感じます。どうなんだろ。

 

公演当日

最寄りは地下鉄2号、12号、13号が乗り合わせている「南京西路」です。駅からは3分くらい。空港からは2号線で一本になります。伊勢丹の近くです。

地下鉄の出口がわかりやすいので、baiduの地図も載せておきます。「麦金依酒店」の吹き出しがついているあたりが会場です。

f:id:reonex:20170806155045j:plain

 

公演開始の1時間〜40分くらい前には外に列ができています。レギュラーチケットの人はそこに並びます。

列の途中で、ロッカーがあります。ここに貴重品以外のものを預けます。開いているロッカーはちょっとわかりにくいです。お好みの番号を入力して、右下の#でロックです。預けたボックスの番号は忘れないように!

 

その列とは別に、横入りできるような入り口ができていると思います。こちらがFast Passと、VIPチケットの入り口です。

手前に係員がいるのでメールを見せます。私が行った時は英語のメールを見せたときは理解できていないような顔をされたんですが、すぐにわかるスタッフが来ました。係員はその回のVIPチケット所有者のリストをもっていて、名前を確認されました。Fast Passの場合はチケットを見せます。

建物入ってすぐのカウンターでメールを見せて/あるいはレファレンスナンバーを見せて、チケットを受け取ります。複数枚あるときは封筒でまとめて渡されます。

カウンターから見て左側に進むと、コートチェックがあります。FPとVIPのチケットを持っている人は、すべての荷物をここで預けます。携帯とかは持っていても大丈夫です。ちなみにNYCと違って、無料です。

さらに列に沿って進むと、チケットをもぎられます。そのあと、黒いポシェットのようなものを渡されます。公演中は、これに携帯を入れてロックをかけます。バーの中までは使えるのでご安心を。エレベーターに乗る前に係員がロックをかけます。あとは誘導されるがまま、進んでください。

あとはNYと同じかな。入り口で渡されるトランプの数字を元に、入場の整理が行われます。バーのステージでトークする男性or女性はすべて中国語で話します。分からない場合はニュアンスと周りの雰囲気を汲み取って、自分の入場時間までお待ちください笑。

f:id:reonex:20170715185505j:plain

ちなみにトイレは、バーの入り口から突き当たり正面まで進んで右側にあります。男女兼用。和式もありました。

雰囲気としては女性多めかな?開演前のバーのザワザワのキーが高いです。男性同士のグループみたいなものはなくて、男性はだいたいアベックの片割れです。たまに1人で来てる男性とかもいます。女子はだいたいグループ。

公演時間はだいたい3時間。終演後はバーにたまるもよし帰るもよし。出口のところで携帯を入れていたポシェットのロックを解除します。コートチェックでも解除できたかと。めちゃくちゃ混むので、ケツカッチンの方はご注意を。

なお、上海は終電も早いので、夜の公演に参加する場合&地下鉄でホテルまで戻る場合はお気をつけください…。

 

 

以下は、上海に行くまで&行ってからの基本的なメモになります。

 

 

上海での移動と滞在

航空券

チケットの手配と同時進行くらいで、予約を始めました。

今回は安さを重視&荷物も多くないのでPeachにしました。公式サイトから予約。価格変動がありますが、ひと月前くらいの予約で約3.2万円でした。時期によりますがPeachなら2.5〜4万、高くて6万くらいかと。

この辺は人の好き好きだと思います。安いのがよければPeach春秋航空上海航空、JetstarなどLCCの深夜便。中国系の東方や国際、日系の全日空日本航空なら多分4〜6万くらいで便もたくさんあります。

航空券の比較はskyscannerがまとめて検索できるのでよく使ってます。ホテルと一緒に予約したければトラベルコやExpediaもいいと思います。

アレンジがめんどければ旅行代理店に丸投げが楽。

 

ホテル

こちらもお好みだとおもいます。やはりひとり旅だと料金は割高です。2名1室なら6000円くらいでまあまあいいホテルに泊まれるんじゃなかろうか。

かなり高かったですが思い切って「The Drama」に泊まりました。SNM会場の真横にあるホテルで、モチーフもシェイクスピアです(しかし、Punchdrunkは一切関係ありません!)。1泊2万くらい。

マチソワ間が1時間しかないので、終演後建物から出て1分以内に部屋まで戻れたのが嬉しかった。ちょっと横になれました。部屋は広いし、雰囲気も良かったです。写真参照。

f:id:reonex:20170715115214j:plain

Booking.comなどで予約の場合、中国語で予約内容を表示できたりするので、その画面をプリントして持っていくとスムーズと思います。

 

移動

空港から市内

空港から市内へは、地下鉄とリニア、タクシーなどがあります。今回は地下鉄&リニアを使いました。上海ナビさんがわかりやすいですので、詳しいことは割愛。

www.shanghainavi.com

上海に到着したのが朝5時前で、リニアはまだ走っていませんでした。地下鉄のICカードが欲しかったのですが、リニアの服務中心もしまっていたし、地下鉄のカウンターでも買えなくて、自動券売機で中国系クレカを使えば買えました。が、持ってないので、大人しく一回券を買いました。一回券も IC式です。自販機で買えます。英語も対応してます。

始発は5時過ぎかな?自販機はめちゃくちゃ混み合っていました。波が過ぎると、スムーズに買えます。

f:id:reonex:20170715061136j:plain

 

市内の移動

すべて地下鉄を使いました。タクシーやバスもあるかと思いますが、乗ってないので割愛。

どこだか忘れちゃいましたが、大きい駅の有人案内所で交通カードを買いました。英語で対応してもらえました。100元チャージしましたが、めちゃくちゃ余りました。リニアにもこれで乗れます。残高にだけ気をつければ、なにも考えずに乗れるので便利。

f:id:reonex:20170715090245j:plain

地下鉄の入り口では荷物検査がありますが、小さい荷物であればあまりX線は通しませんでした。必要な時はジェスチャーで教えてくれるので特に困ったこともなく。

 

市内から空港

帰りは、リニアも走っている時間だったので、2号線でLongyang Road駅まで行って、そのあとリニアに乗りました。交通カードを使えば40元。

最速時速は420kmだそうですが、私の乗った時間帯はこの速度は出ないそうで。300km/hで運転してました。駅から空港までは7分くらいで着きました。途中、上海ディズニーも見えました。

 

両替

空港&現地で両替しました。

羽田空港の両替所(みずほ)では、100元単位でしか両替ができず、それ以上に細かいお金はありませんでした。なので、現地到着したら崩す必要があるかもしれません。ここで300元分を両替しました。

現地では銀行(そこらじゅうにある)で両替できます。到着日は土曜日だったので、どこも銀行がしまっていて、両替できる銀行を探すのに苦労しました。クレジットカードの海外キャッシングができる設定にしている方は、ATMならどこでもあいているので、土日でも大丈夫かと。

到着日は銀行という銀行を渡り歩いて、結局、外難の中国銀行(本店かな?)で日本円から両替してもらいました。1万円分。日本円のおつりはないようで、見たこともないようなちっちゃいお金が出て来ました。どこで使うんや。募金できないですかね。

 

長い記事になってしまった!はじめての上海、楽しかったです。

近いし、また11月の連休で行きたいな〜なんて思っていたんですが、なんと、軽い気持ちでチャレンジした一般販売で9月のチケットが取れてしまい(笑)、また行くことになりました。隔月〜。

*1:20代・女性・英語圏(NY,ロンドン)以外の海外ひとり旅は初めて・中国語レベルは「你好」「謝謝」「再見」のみ・英語レベルは中学生・ガイドブックは購入しない。SNM自体はNYで3回見ています

*2:迷惑メールに振り分けられることもあるので注意

*3:メールアドレスを記入したあと「获取验证码」ボタンを押すとそのアドレス宛に認証コードが届きます。60分以内有効

*4:中国のクレジットまたはペイパル