12/30-1/1 年末年始上海遠征の記録①

さて今回は年末年始の上海遠征の記録です。

11月の遠征時、年末年始をどう過ごすのか大変迷っていました。

ニューヨークに行きたい気持ちもあり、でもお休みの数も少なくて、観たい演目も年末年始ということであんまりやっておらず、せっかく土日を挟むのに3本くらいしか見れなさそうで。

悩んだ挙句、先行予約の締め切りも迫っていたので、上海のSNMに行くことにしました。57日ぶりの上海です。

 

12月29日。仕事納めが終わり、そのまま羽田まで直行。そういえばこの時、国際線ターミナルマヂカルラブリーのおふたりを見かけました。ツイッター見たらジャカルタ行くところだったらしい。高校時代すごく好きだったのでやっぱりいると瞬時にわかりますね…。

乗ったのはおなじみPeach。往復で44,700円なり。年末年始ということでPeachにしては比較的高かったですね。

チェックインカウンターにホワイトボードがあり、「出発地に引き返す可能性があります」との掲示がありました。あまり心配はしていなかったのですが、ちょっとだけ不安になりますね。どうやらこの時期の上海は霧が濃いらしく、着陸が難しいらしいのですね。

2:10発。着陸前は機体がかなり揺れましたが、定時より少し早いくらいの4:40くらいに着陸しました。やっぱり遠いターミナルに下されましたが、電車も走っていないので問題なし。荷物のピックアップもないので、入国審査を受けた後はメトロの横のスタバでお茶を買って、地べたで待っていました。Peachはこういう時間がしんどいっすね。

 

6時ごろになると始発が動き始めます。メトロカード(交通卡)のチャージがまだあるので、なにも考えずにこれでピッとして行きました。1本目の電車は大混雑だったので、2本目に乗りました。8時頃には宿のある駅に到着。駅前はまだクリスマスモードでした。

f:id:reonex:20180204192152j:plain

 

今回の宿は、Sleep No Moreの会場であるMckinnon Hotelの最寄駅「南京西路(West Nanjing Load)」にほぼ隣接している「Cachet Boutique Shanghai」にしました。

地下鉄2号線の1番出口を出て右に曲がり、アディダスの角をさらに右。黒い扉の中がフロントです。Agodaで予約して3泊29,000円でした。ちょっと高めかな。

www.agoda.com

8時ごろに到着すると、やはりチェックインはできず。12時に戻って来ればチェックインできる、とのことだったので、荷物だけ預けて街へ行ってみます。

いつも思うのですがこのチェックインまでの時間の使い方がほんとにわかりません。いつもしんどい思いをしています。

今回はなんとなく静安寺のリッツ・カールトンに行ってみることにしました。2号線で静安寺まで乗って、徒歩5分くらい。トイレをお借りしただけなので写真は撮ってません。朝食を食べていなかったので併設のBAKER&SPICEにて朝ごはんにしました。

f:id:reonex:20180204182105j:plain

店員はなまりも強かったですがみんな英語が通じました。お客も欧米系が多数。わたしはアボカドと卵焼きのバーガー?ベーグル?とラテを頼みました。ベーグルの方はとても美味しかった。ラテはふつうでした。合わせて90元くらいだったかな。けっこうしますね。

店内もそこそこ広く、混んでいなかったのでかなりゆっくりさせてもらいました。

 

その後はオープンした静安寺のReelの中をウロウロして、その後南京西路に戻ってZARAへ。セールしていてどれもこれもかなり安かったのですが、荷物になるのでなにも買わず。日本とはまた違った品揃えで面白かったです。

 

12時になったのでホテルにチェックイン。お部屋はこんな感じ。

f:id:reonex:20171230121532j:plain

f:id:reonex:20171230121606j:plain

ブティックホテルだけあってとてもおしゃれ!そして広い!デスクもあり、それとは別にテーブルもあり。ひとりで過ごすには勿体無いほど広かったです。

f:id:reonex:20171230121729j:plain

お風呂もきちんと深めのバスタブ付き。シャワーも別で付いているし、暖房がついててあたたかかった!

f:id:reonex:20171230124427j:plain f:id:reonex:20171230124447j:plain

使わなかったけど、キッチンとキッチン用具&食器もついてました。ケトルも。住めますね。

ちょっとだけ仮眠して、14時には会場へ。いつも通り、40分くらいには中へ。まだハロウィンのときの紐がついてました。今後もこのままなのかな?帰ってきたぞ〜って感じ。

f:id:reonex:20171230144850j:plain

12月の1周年からかな? カードのデザインがオリジナルにかわりました。今までは、ショーの中でも使われている「Bicycle」の青でしたが…。複製防止にもなるし、嬉しいですね。

個人的な話ですが、この回はわたしにとって10回目の上海SNMでした。この回は、Banquo、Taxi、Speakeasyを追いました。ネタバレを含む覚書はこちらのブログに書いています。

終演後は、この日も「ダブル*1」だったので、即夜公演の列へ。

f:id:reonex:20171230144928j:plain

夜公演のレポはこちらに書きました。Boy Witch、Poter、Taxiがいずれも11〜12月から登場のニューキャストだったので、追ってみました。12月でオリジナルのキャストを含む10人ほどが卒業してしまいました。新しいキャストに出会えて嬉しい一方で、今度追ってみたいなぁ、と考えていた人もいなくなってしまったので、ほんとに演劇ってやつは最高で最低です。

22時に終演。先日から終演後に「Mr.Surprise」と称して週替わりで出演キャストが歌を披露するらしく、ロビー(Manderley)で少しだけ待ちました。この日のパフォーマーはGarthでした。多才だなあGarthは。映像は撮りませんでした。

この日はこれでおしまい。5分くらいでホテルに戻りました。近いといいですね。

ちなみにこの日のウォーキング歩数は24,170歩、距離は15.5kmでした。旅行中はやっぱり歩数が増えるなぁ。この日の食事は空港のスタバラテ、朝食?のベーグルとラテ、夕方にもらったオニギリでした。めんどくて、ほんと食べなくなっちゃうんですよねぇ。

これにて1日目は終了です。

*1:昼夜2公演入ること