【思い出投稿】2016/2月 初NY旅行の記録①

あちこちに書いたり消したりで初めてニューヨークに行った時の記録がどこかに行ってしまった。全然海外旅行に行けなくて暇をもてあましているし旅行が恋しくなっている今、もう一度書いてみようと思う。

まずはざっくりした旅費から。家から空港までの往復費、現地の交通費やおみやげ・食事代は抜いています。

 

旅費

航空券

f:id:reonex:20160225154032j:plain

<往路> DL172

2016/02/25  17:55 NRT発

2016/02/25  16:59 JFK

 

<復路> DL473   

2016/03/01 12:03 JFK発               

2016/03/02 16:15  NRT着

 

<合計> 80,600円

HIS経由で今はなき?成田⇄JFKのデルタ便を予約。

2月というオフシーズン、平日発着のため私のこれ以降の渡航に際しての航空券よりはるかに安い。

 

ESTA

1,632円

普通にウェブから。米国入国の必要経費。

 

保険

4,760円

これはちょっと高かったかな。初めてでよくわからなかったのでHISでそのまま申し込んだ。

 

ホテル代

f:id:reonex:20160228004002j:plain

88,462円

ACE HOTELに5泊。

もっと節約もできるのだろうが、憧れていたホテルだったためここにした。

NYCは総じてホテル代が高く、マンハッタンの中心部に泊まろうと思うと最低1泊$200はかかってくると思う。

28st駅近・34st駅やブロードウェイ方面にも徒歩圏内という立地で上記金額は、これ以降の渡航を振り返ってもやっぱり安い気がする。

 

チケット代

f:id:reonex:20160227090931j:plain

現地で現金やマネパカードで買ったりで日本円で記録が残っているものが少なかった。

マネパカードで$1=¥112.9の時に45,000円分両替しているので、一部はその金額で換算する。

Wicked

2016/2/25 THU 8:00PM ORCH ROW Y $76.70=8,840円

たしか学割で買いました

The Book Of Mormon

2016/2/26 FRI 8:00PM ORCH ROW T $142.2=16,582円

Les Miserables

2016/2/27 SAT 2:00PM ORCH SEC B $75.50=約8523円

タイムズスクエアTKTSで購入

SHE LOVES ME

2016/2/28 SUN 2:00PM REARMZ ROW KK $47=約5,306円

午前中に当日券を購入

The Book Of Mormon

2016/2/28 SUN 7:00PM SRO $27=約3048円

立見チケット。当日現金で買っているっぽい。

Sleep No More

2016/2/29 MON 7:00PM $91=約10,274円

記録見たらどうやら渡航前日にチケット買ってる

 

おこづかい

マネパカードに$1=¥112.9の時に45,000円分チャージと、現金で多分$250くらい持っていたと思う。

どこでもカードが使えて現金はあんまり使わないと思うし、そもそも今行ったらそんなにお金自体使わないと思う(カフェ代とコーヒー豆買うくらい)ので1週間でおこづかいは2万分くらいあればかなり十分だと思う。

マネパカードは実際現地のおこづかいとしてよりはチケット代に消えていて、お土産代・食事代で$180くらい使っているっぽい。

 

次の記事からなんとなく思い出しながらの旅行記を書いていきます。

2019年の遠征をふりかえる

2020年も上半期が終わりましたが書くことがないので2019年の遠征を振り返ります。

 

1/12-14 韓国 ソウル

f:id:reonex:20190112171532j:plain

どうしてもエリザベートが観たかったので。初日のソワレから頭が痛くなり始めて、その後寝ても回復することなく、吐き気に襲われたままあっという間に時間が過ぎていった。ミュージカルも1本は後半観られなかったし、1本飛ばしたし、ホテルの予約の日付も間違えてたし、後悔が残る。

 

3/9-10 岡山 マスカットスタジアム

f:id:reonex:20190309112305j:plain

マスカットスタジアムでおこなわれる楽天-西武の試合のため遠征。岡山はこれで3度目くらい。地方球場は出店もローカルで空気もゆるくて、非常に楽しかった。

f:id:reonex:20190310115918j:plain

今回はカレーも食べた。

 

3/16-17 大阪、甲子園

f:id:reonex:20190316100412j:plain

甲子園球場でおこなわれる阪神-西武の試合観戦のため遠征。初めての甲子園、虎党の圧にびびりっぱなしだったが、外野スタンドの上の方は気持ちよかった。

 

4/27-30 大阪 京セラドーム

f:id:reonex:20190429195335j:plain

初の京セラドーム!オリックス-西武の試合観戦のため遠征。

駿太のタオルを買ったが2020年7月現在一度も使ったことがない。各選手にペラペラ生地とはいえタオルがあるのが羨ましい。オリックスはグッズ頑張っていると思う。

 

5/10-12 北海道 札幌 札幌ドーム

f:id:reonex:20190511115802j:plain

f:id:reonex:20190511114813j:plain

久々の札幌。この時期はひとりだと初めて。そして札幌ドームも初めて。日本ハム-西武の試合観戦のため遠征。天気のいい大通公園で無駄に時間を過ごすのが最高。

f:id:reonex:20190510224743j:plain

信玄は鬼並んでた

f:id:reonex:20190511193106j:plain

なんだかんだで初めてトレジャーにいった

ご飯も最高に美味しい。札幌最高。大好き。

 

5/31-6/1 千葉 千葉マリンスタジアム

f:id:reonex:20190531194707j:plain

千葉なら日帰りでいって帰ってこれるけど、泊まりだったので遠征に含むこととする。ロッテ-西武の試合観戦のため遠征。

たしか戸川選手がホームランを打ったんだけど、仕事帰りだったからほぼついたと同時のタイミングで、歓声で察した。

f:id:reonex:20190531221938j:plain

結構夜中までずっと光ってたマリン

f:id:reonex:20190602001747j:plain

2日目はチケットをお譲りいただいたんだけど、いい席で、試合は散々だったが撮れ高はそこそこだった。

 

7/25-28 ポルトガル リスボン

f:id:reonex:20190725212027j:plain

ずっといってみたかったリスボン。いってみて、こりゃまた戻ってくるしかないなとおもった。

f:id:reonex:20190727043237j:plain

また必ず帰ってくる。

 

8/13-14 徳島

f:id:reonex:20190813175038j:plain

視察と言う名の旅行。四国初上陸。阿波踊りを観た。モラエス展をやってた。

f:id:reonex:20190814110945j:plain

台風で阿波踊りの2日目は中止

 

11/16-17 中国 上海

f:id:reonex:20191116153351j:plain

10月に予定していた旅行が台風の影響でおじゃんになり、この時期に。ご存知Sleep No More。11ヶ月ぶりだったので浦島太郎。

f:id:reonex:20191116235021j:plain

収穫(ネタバレかもしれないごめんね)

よく1泊で行くね!?と言われるけど、行きますよ。0泊でも行きますものおほほ。

f:id:reonex:20191117093853j:plain

上海行ったのにパンとスタバしか食べてない

 

12/28-1/2 北海道 帯広・大樹町

f:id:reonex:20191230120631j:plain

エアドゥにのると音尾くんのミニコントが聴ける

f:id:reonex:20191230135437j:plain

誰もいないところでなにをするでもなく静かに過ごしたいなと思ってた。悩んで、帯広へ。マイナス5度。

f:id:reonex:20191231111641j:plain

豚丼などを食した。マジで駅前になにもない。

2日目からは大樹町へ。

f:id:reonex:20200102203745j:plain

Memu Earth Hotelという建築家や建築学部などの方が作った建物の一棟貸しのホテルへ。なんもねー!これこれ!これがしたかったの!

f:id:reonex:20200101080730j:plain

お正月のお食事

薪ストーブは楽しいし、食事もおいしいし、なんもねーし、寒いし、女ひとりは気まずいし、最高だった。

f:id:reonex:20200101102831j:plain

チャリをお借りして海岸に行き、流木拾って帰ってきた

以上。

振り返ってみると、特に上半期なんかは毎月のように遠征していた。どうりで貯金が増えないわけだ!!しってた!!!

今年はまだ2月に京都に行ったきりで、今後も見通しがたってない。日頃のワクワクを旅行に全振りしていたせいで日々にワクワクを見つけられずに積んでいる。

今はただトランジット眺めたりホテル予約サイトを眺めたり「世界遺産」観たり旅の写真集見たり地球の歩き方読んだり旅の指さし会話帳読んだりしているだけの日々。

旅行に行けない夏休みなんていらんとは言わないけど価値は半減するよね。倍にしてくれないかな夏休みの日数。

コロナ終わったらどこいく?なんてことももう聞かなくなってしまった。諦めムードどよんどよん。(「コロナ終わったら」ってどういう日本語だよ)

わたしはね、また海外に出かけられるようになったら、ポルトガルに行きたいな。それとグルジアと、スリランカと。ニューヨークももちろん行きたいし、ここ最近UKのジャズが好きだからジャズ聞きにロンドンにも行きたい。もちろん上海にも行きたい。海外に行けないなら、北海道でもいい。熊本でもいい。高知でもいい。うーん、それが無理なら岐阜!石川!宮城!それも無理?山梨!長野!も、無理?なら伊豆とか勝浦とかでもいい!それも無理?なら秩父秩父は行けるか…日帰りで…。頼むから旅行先土地の空気、雰囲気、生活っていう私の最強の推しに金払わせてくれ…。

2019/07/25-28 Lisbon #5(了)

リスボン旅行記その5。

さて、めしだめしだ!今日も今日とて、Time Out Marketへ!便利すぎんかここ!

最後の晩餐はTime Out Market内“Alexandre Silva”のお肉と、ワイン。

f:id:reonex:20190923184927j:plain

肉(付け合わせポテトつき)€10、ワイン€3.80

メニュープレートには“Hamburguer”とあったからハンバーガーかとおもったらどっちかというとハンバーグだった。

しかもなんかすごい偏差値高め。ざっくりふんわり形成されてちょいレアめに焼き上げられた雄牛のハンバーグに、飴色のたまねぎとチーズと草(なんの草?)。マヨマスタードが添えられている。リスボンでいただいたご飯の中でいちばん塩分多めでした。美味しかった。いいもんたべた。

さああとは日付変わって、帰国するのみ。

朝は時間がなかったので、きのうのうちにTime Outで購入しておいたナタ(エッグタルト)をたべました。

f:id:reonex:20190727195718j:plain

MANTEIGARIAのナタ。箱かわいい。

ホテルから本店も近かったけど、めんどうだったので。朝食べる用と、飛行機で食べる用、二つ買って、この小さいはこにいれてもらった。3つ以上はもっと大きい箱だった。

f:id:reonex:20190923184819j:plain

写真の色味がおかしくなっちゃった

できたてじゃなくても十分おいしい!ぱりぱり、とろとろ。甘さは控えめ。シナモンがないのが悔やまれる。

そんなわけで、地下鉄にのりこみ、空港へむかいましたとさ。

f:id:reonex:20190728100042j:plain

さようならリスボン

さて、今回のお土産。

f:id:reonex:20190729164044j:plain

左上から、FABRICAで買った豆。クッキー2種類と、チョコミント、細切りポテチみたいなやつはいずれもPingo doseでかったもの。

豆の下にあるのがオイルサーディンなどの類と、その右が豆のケーキみたいな感じ。これはショッピングモールで購入。その右がチョコレートで、事前に調べていたChocolateria Equadorなるお店とおぼしきところで買ったんだけど、お店の名前が全く違っておりまして、でもたしかにチョコレートやさんで、同じお店だったかは謎。

その横のボトルたちは左二本がワインで、一番右がGinjinha。さくらんぼのお酒ですね。ブログには書かなかったけど、リスボンでは二箇所だけGinjinhaのスタンドに行った。Domingos教会のすぐ近くに「A Ginjinha」、Time Out Marketの通り側に「Ginja de Obidos」というスタンドがあって、€1.2くらいで小さなカップ一杯飲める。買ったお店は後者のほう。チョコレートカップで飲んだんだけど美味しかった。ボトルはもうちょっと大きいの買ってくればよかったな。

ボトルたちの左側にある丸い缶とお菓子は乗り継ぎ地のパリで買ったやつ。リスボン関係ないな。紅茶と、レモンのケーキですね。

そんなわけでリスボン旅行記は終了でございます。

ひとことでいうと、夏のリスボンさいこう

ポルトガルまたいきたい。こんどはポルトとかにもいってみたいなぁ。

以上、ご静聴ありがとうございました。

2019/07/25-28 Lisbon #4

リスボン旅行記その4。3日目は実質最終日。

f:id:reonex:20190727084147j:plain

めしくってでかけるぞ

お外はあいにくの雨。ひともまばら。夏はあんまり雨降らないって聞いてたんだが。

f:id:reonex:20190727101831j:plain

だが傘はささん

そんなわけで、この日は教会巡りとお土産さがしをすることにしました。雨降っててめんどかったので写真少なめ。

そしていくつか巡ったけど、写真撮ったり撮ってなかったりで教会名があやふや。

f:id:reonex:20190923190203j:plain

これはリスボン大聖堂。いくら私がアホでもみたらわかる。

f:id:reonex:20190727105213j:plain

うーん、自信はないけど撮った写真の時系列的にこれもリスボン大聖堂。

教会の出入り口は物乞いが多い。あと一箇所よったけど、そこはミサ中だったので写真は撮らなかった。バイシャを突っ切ってバイロアルトへ。

こんどはこっち。

f:id:reonex:20190727113423j:plain

これはあれだ、Igreja de Sao Roque。

サンロッケ教会。みんな大好き天正遣欧少年使節団がポルトガルに到着後、滞在した教会らしい。

f:id:reonex:20190923190134j:plain

見よこの絢爛豪華さ

すごい教会だ。たてもののことはよくわからねえが、豪華なことはよくわかる。天井に貼られている板にもものすごいでかい絵がえがかれている。

f:id:reonex:20190923190059j:plain

とにかく金なわけだ

宗教画をバックに、きんぴかの装飾が吊るされている。

f:id:reonex:20190923190012j:plain

これにかんしてはもうよくわからん

すげえ数の彫刻の天使がイエス様のまわりにいるわけだ。

これらがいつ作られたものかはわからないので、天正遣欧少年使節団が見ていた光景かどうかはちょっとわからないが、千々石ミゲル伊東マンショ原マルチノ中浦ジュリアンもこの光景を見ていたのだろうか。などと感慨に浸る余裕もなく昼飯。

f:id:reonex:20190923185930j:plain

サンロッケのすぐ近くにあるレストランにてアスパラのリゾット

あんまりリスボンっぽさはないけど、バイキング形式のチーズやらソーセージやらもおいしかった。

バイロアルトの急斜面階段をどんどん降りていく。

f:id:reonex:20190923185858j:plain

雨もほとんど止んだので、お外で召し上がる方多数。

そして最後にもう一度、BaixiaにあるDomingos教会へ。

f:id:reonex:20190923185704j:plain

f:id:reonex:20190923185805j:plain

名残惜しい

うん、やはりよい。きたひとにしかわからない。

で、この後お土産を買いに大きなスーパーというかデパートに行ったんだけどまったく写真はありません。電車乗って行った。お土産の写真はのちほど。

んで、ホテルにお荷物おいたあとはこの度初めて茶をしばきに「FABRICA COFEE SHOP」へ。

のんだのはカフェラテ。いつもはじめて入るカフェの一発目はラテときめている。

f:id:reonex:20190923185615j:plain

カフェラテ$3.30

f:id:reonex:20190923185527j:plain

オーガニックなかんじの店内

ごめん、味のメモをいっさい残してないのでどんな味かわすれた。ついでに豆も買ったよ。Raroというやつ。けっこう酸味が強めで、フルーティで色薄めなかんじのコーヒーであった。個人的にはミルクをいれて飲むとおいしかった。写真はお土産のページで載せる。

さて、あとリスボンでやりのこしたこと。と考えた時、そうだ!夕日を見よう!と。ひとりでな。

リスボンのこの時期の日没はだいたい午後9時ごろ。おそいね。

夕日みるならやっぱりAlfamaっしょ!と思い、また山を下り平地を駆け抜け山を登る(何往復するんだこの旅)。

f:id:reonex:20190923185325j:plain

坂を登る。

f:id:reonex:20190923185256j:plain

初日に来たこの場所も夕暮れでなんかいい感じだ(語彙力)。

とりあえずここでも一枚とってみる。名残惜しいなあ。

f:id:reonex:20190923185236j:plain

Miradouro das Portas do Sol

夕暮れっぽい夕暮れは撮影できなさそうだけど、とりあえずもうちょっと上のとこも行ってみるよくばりさん。

f:id:reonex:20190923185141j:plain

滝汗。ここまできたらもうちょっと。

二箇所目はここ、Miradouro da Graca。

f:id:reonex:20190923185051j:plain

リスボンの街並みが一望できる。

ぜえはあいってて感慨に浸ってるどころではなかったけど、よい眺めだった。オープンカフェがあって、ここで酒のんだら気持ちいだろうなと。のまんけど。

この時点でだいたい21時くらい。だんだん日もおちてきた。飯食いに行くぞ、飯。

f:id:reonex:20190923185004j:plain

とかいいながらいい感じの建物があると引き寄せられてしまう。

もう地図は使わなくても大丈夫。川の見える方にどんどん下っていくだけ。右に進むだけ。

下っている最中、登りの坂道より下りの坂道のほうがきついことに気がつく。ホテルで靴下を脱いだら、足の小指に水ぶくれができていた。歩きすぎでは?

f:id:reonex:20190923185456j:plain

コルメシオ広場をとおりぬける。

f:id:reonex:20190923185409j:plain

何もいうことはない。

2019/07/25-28 Lisbon #3

リスボン旅行記その3。

午後はAlfama地区へ繰り出すことにする。

目的地は、当初のまったくノーマークだったサンタ・エングラシア教会

 

行きの日本→パリゆきの飛行機で隣に座ったおじさん二人組と話が盛り上がったんだけど、片方がリスボンに行ったことがあると。それで、この教会のことを教えてくれた。行った方がいいよと。

写真は撮ってないんだけど、Cais do Sodre駅前でバスに乗ろうと思ったんだけど、待てども暮らせども来ず。で、目的地方面に歩きながらてきとうにバスのったら乗り過ごしてちょっと先に行っちゃった。海外のバスはむずかしい…。

そんなこんなでついたわよ。ここもリスボアカードで入場無料。

f:id:reonex:20190726165944j:plain

外観はあとで慌ててiPhoneでとった

f:id:reonex:20190824070356j:plain

中はこんな感じ。

天井がドームになっていて高いので、非常に開放感があって。シンメトリーなつくりが美しい。

f:id:reonex:20190824070341j:plain

各階のバルコニーに上がれるみたいなので、上がってみる。

f:id:reonex:20190824070431j:plain

3階くらいまではふつうの階段だけど、それより上はかなり急な、整備されていないものになってくる。

もっと上へ、行ける限りと思って一番上のバルコニーへ。

f:id:reonex:20190824070424j:plain

ここまでくるとかなり見下ろす感じなる。ここの階から、外のテラスに出られる。

f:id:reonex:20190824070409j:plain

ファンタジー系のゲームの世界にきたみたいだ!!!(ゲームのこういう階層にはなにも置かれてないしなんのキャラもいないよね)

テージョ川が一望できて、となりには小学校か何かがあって子供達の声がする。強い風が吹いてて、鳥の鳴き声がする。

何に感動するかはひとそれぞれだしうまく伝えられないけど、一番上のバルコニーから外に出た瞬間が忘れられないんだ。ここは本当にすばらしくて私の大好きな場所になった。

満足。

で、教会をあとにしたあとは、せっかくなのでサンジョルジェ城へ。Googleによるとクローズが18:00とのこと。この時点ですでに17:20くらい。

急いでるつもりだったけど、ついつい写真を撮ってしまう。

f:id:reonex:20190824070324j:plain

アパートもすてき

f:id:reonex:20190824070313j:plain

写真が止まらない

そんなわけでついたサンジョルジェ城。すでに17:40。

 

リスボンの街が見渡せるビューポイントにもなってる。

f:id:reonex:20190824070156j:plain

どこ撮ってもいい

城自体はお城(はぁと)ではなく、要塞っていう感じで、歩きやすい靴必須。

f:id:reonex:20190824070229j:plain

階段も急すぎて、ヒールだとむり

f:id:reonex:20190824070210j:plain

 

けっきょくここが何時まで営業なのかよくわからないまま出てきた。多分19時くらいだと思う。

ホテルまでの帰り道は、そういえばまだケーブルカーみてないよねと思って、ホテルからも近いBicaのケーブルカーをみに行った。

f:id:reonex:20190824070133j:plain

車体に夕日が反射する

ケーブルカーは2両あって、上と下で同時発進。上の写真のはきちんと黄色だけど、もう一両は丸々落書きがされてた。どのくらいの頻度でクリーニングしてるのかは謎。

個人的にはそこまでの感動でもないなぁ、期待しすぎてたのかなぁ。

f:id:reonex:20190824070144j:plain

そんなことより坂道の途中にあった建物がすてきでしたな。

この周辺はあまり治安はよくないかなと思いました。レストラン街の近くだと思うんだけど、なんとなく陰鬱でして。

f:id:reonex:20190824070120j:plain

壁、落書きだらけ

そんなわけで本日のディナー。今日もTimeout Marketへ!

f:id:reonex:20190824070106j:plain

カルドヴェルデなる緑のスープと、タコのフリットと、タコのリゾット(再び)

フリットはほくほくでおいしい。たこやわらかい。カルドヴェルデも日本人が好きそう。

食べ終わった時点でまだ8時半くらいで、帰るのももったいなかったのですぐそこの川っぺりまできてみる。

f:id:reonex:20190726203237j:plain

川を眺めながら黄昏たりする。

f:id:reonex:20190726203244j:plain

駅のpingo doseでビールを買ってのんでたら宗教勧誘のおばちゃんにはなしかけられる。

昼と夜の寒暖差が大きく、流石に寒くなってきたので21時頃には退散。

f:id:reonex:20190726211420j:plain

2日目終了。お疲れ様でした。

2019/07/25-28 Lisbon #2

 リスボン旅行記その2。

f:id:reonex:20190726073956j:plain

朝やで!

f:id:reonex:20190726081040j:plain

朝ごはんはブッフェ形式。どれもこれもおいしかった。

この日はCais do Sodreからトラムにのってジェロニモ修道院へ。

所要時間30分弱くらいで目の前の停留所にとうちゃく。

f:id:reonex:20190726094051j:plain

駅前のツーリストインフォメーションでリスボアカードというものを昨日買っていた。

地下鉄バストラム無料になるのと、ジェロニモ修道院などいくつかの施設が無料だったり割引になるカード。

24H,48H,72Hとあって、私は24Hを購入。

交通機関は乗った瞬間から24時間、施設への入場は自分で手書きでカードに書いた日付から有効。

トラムの停留所の目の前にあるのが団体客&リスボアカード&チケット購入済みのひとの入場口で、通常のチケットを買うためにはまた別のチケット売り場に並んで買ってからこちらに並ばないとあかんらしい。

わたしはリスボアカードをもっていたので、そのまま入場列で待った。

10時開場で、その20分前くらいについたかな。列には庇がなくて日差し強いんでグラサン必須だった。かなり前の方だった。

中はこんなかんじ。

f:id:reonex:20190824070049j:plain

朝一で来てよかった〜〜

f:id:reonex:20190824070034j:plain

f:id:reonex:20190824070022j:plain

二階の様子。

f:id:reonex:20190726104951j:plain

どんどん人が増えてきて大変な感じだったので、落ち着いた写真が撮りたければ朝一で。あとは夕方も空いてるらしいね。

f:id:reonex:20190824065944j:plain

併設の教会は入場無料。団体客がめちゃくちゃいっぱいいて、おちつかんかった。通路はお祭りかな?ってくらい人混み。あまりにもガヤガヤしすぎてBe Quiet!とのアナウンスが。

修道院よりこっちの方がよいとおっしゃる方もいるくらいに壮麗な教会。まあ今回は行ったタイミングがわるかったね。もっと静かに見たかった。

f:id:reonex:20190726114118j:plain

さて近くのエリアにあるもうひとつの世界遺産に行く。目の前の通りをひたすら20分くらい西に向かって歩いていく。

もちろんトラムやバスも通ってるけど。日差しはあるけど、蒸し暑さとコンクリ照り返し地獄の東京で外回りやってる人間からすると余裕な道のり。日陰はいると涼しいし、風はあるし。

f:id:reonex:20190726120540j:plain

途中でpingo doseがあったので生搾りジュース機のジュースかった

f:id:reonex:20190824065922j:plain

ついたのはベレンの塔。これめっちゃドラゴンズドグマみたいじゃん!

リスボアカードで入場無料なんだけども、一度に入れる人数が決まってるらしく待機列の人数が半端ではなかったので並ぶのかったるくてやめました。ざんねーん。

まあここはぐるっとお外をみて写真撮るだけだったので、とっとと撤退。

さてきた道を戻ってまた修道院の方面へ。このエリアで有名なお店で、エッグタルトをたべますよー。

f:id:reonex:20190726132948j:plain

ぱすてぃしゅでべれん(かみそう

テイクアウトの列は行列。イートインは一見狭く見えるけど、え?大丈夫なの?ってくらい進んでいくと店内めっちゃひろい。テーブルにつくと店員さんがメニューをもってきてくれる。

たのんだのはもちろんパステルデナタ。エッグタルトです。

f:id:reonex:20190824065908j:plain

カリカリ、食べるとトロトロでおいしい〜!シナモンかけるとさらにおいしい〜!

おそらく、コーヒーといっしょにいただくとよろしいんでしょうけど、あまりにも暑くてジンジャーエールとともに。

お会計はテーブル。エッグタルトふたつで2.3ユーロと、ジンジャーエールが1.65ユーロでした。ちょっとしたお茶としてはかなり満足。

f:id:reonex:20190726132914j:plain

f:id:reonex:20190726132859j:plain

テイクアウトのショーケース。いろいろ並んでて美味しそう。

そんなわけでまたトラムに乗って、Belem地区とはさようなら。

ホテルで一眠り(寝すぎでは?)して、午後はAlfama地区の散策に繰り出すことにする。

2019/07/25-28 Lisbon #1

7/25-28で、リスボン旅行にいった。

まずは街歩き中心の1日目。めんどうなので以後写真とす。

f:id:reonex:20190821221439j:plain

夏休みはやっぱり短い。

f:id:reonex:20190821221416j:plain

持っていったカメラはPentax Q。レンズはワイドズーム08と食べ物用に01。

f:id:reonex:20190821221355j:plain

道をてきとうに歩きながら街角を無造作に撮るのが楽しい

f:id:reonex:20190821221335j:plain

とくに旧市街のAlfama地区はどこ歩いても楽しい

f:id:reonex:20190821221313j:plain

とくにお気に入りだった小径

f:id:reonex:20190821221238j:plain

展望台からの美しい眺め

f:id:reonex:20190821221216j:plain

展望台じゃなくても振り向けば素晴らしい景色がある

f:id:reonex:20190821221157j:plain

ただ多分ここに住むのは大変

f:id:reonex:20190821221134j:plain

デコボコの石畳の坂道は下りこそつらい

f:id:reonex:20190821221110j:plain

ピザ

f:id:reonex:20190821221047j:plain

Domingos教会は圧倒的な時間の流れを感じて泣けてしまう

f:id:reonex:20190820233249j:plain

f:id:reonex:20190820233242j:plain

たのしい

f:id:reonex:20190820233213j:plain

とにかく光を捉えるのに必死

f:id:reonex:20190820233229j:plain

夜までめちゃくちゃ明るい これ19時くらいじゃなかろうか

f:id:reonex:20190820233154j:plain

リスボン大聖堂のカテドラルは壮観。横の坂道をトラムが抜けていくのもまたいい。

f:id:reonex:20190820233141j:plain

コルメシオ広場までおりてきた。空と凱旋門が絵画みたい。

f:id:reonex:20190820233129j:plain

夕飯はホテルの近くのTimeout Marketでタコのリゾット

f:id:reonex:20190820233110j:plain

ホテルからの眺め。21時くらい。お疲れ様でした。